■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月07日

スポーツを通じた出会い経験者は約3割

■ソース
http://enjoy.nikkansports.com/topics/look/1003052204.html
■概略
女性向けWEBサイト「OZmall」が「スポーツを通した“出会い”って経験ある?」という
アンケートを実施。
出会い経験者は29・2%で、出会った場所は、テニス・ゴルフなどのスクールや、
社会人サークル、次いでジム・スキー場、さらに野球やサッカーほかスポーツ観戦の場で
出会いを経験したそうです。そこから恋に発展するケースも多かったようです。
スポーツを通じた出会いにまつわるエピソードやアンケートの詳細はこちらをご覧下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

へえ、そうなのかあ。
婚活が流行っていますからね。
プロ野球から始まった婚活シートも、結構埋まっているようで、
新たな集客策として、サッカー等の他競技にも波及しています。

観戦目的じゃなくて、チャラチャラしてるなら来るな・・・という意見もあれば、
いいんでないの・・・という容認派や、関係者の超welcome派も。
スポーツビジネスという視点から見れば、
話題性・メディア性・集客論からは良しと考えざるを得ないかな。

まあ、ガチガチに競技観戦といかなくても、
観戦の場を婚活のツールとして使われるのも、OKとしないと・・・




posted by sports777 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!