■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月06日

スポンサード体制、スポンサード社会

■ソース
http://gendai.net/news.php?m=view&g=sports&c=040&no=35865
■概略
ヤフー検索ランキング、今週3位は、バンクーバー五輪女子フィギュア米国代表で
4位入賞を果たした長洲未来(16)。鼻血を出すなど話題にも事欠かなかった。
生まれも育ちも米ロサンゼルスだが、父は茨城県、母は長野県出身。
長洲が生まれる前に渡米し、寿司レストラン「清鈴」を経営。
ただ、大きな店ではなく、娘の競技生活を支えるため、金銭的には相当苦労したらしい。
遠征費用などの一部は日系企業や現地の和食店オーナーの寄付に頼ってきたが、
五輪出場でパナソニックがスポンサーに付き、ようやく一息つけたという。
そんな両親の苦労を知っている娘は、「次の五輪で金メダルを取って楽をさせてあげたい」
とコメント。日本人選手に聞かせてやりたい言葉だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

五輪参戦が決まる前と後、
メダルを取る前と後・・・
状況は天地のごとく変化します。

今まで大手企業に見向きもされなかった選手が、
あるきっかけで企業サイドからオファーを受ける・・・

美談とも読めるが、
大手企業程に、もっと卵達をサポートして頂きたい。
真のCSR追求をお願い致します。

広告露出価値が上がってから、奪い合うメディア社会ではなく、
スポーツでもアートでも何でも、社会の「育成」というモノサシで、
CSR社会になってほしいです。

厳しい経営環境の零細企業が、発展途上の選手を助ける・・・
そして開花すれば、大手企業が大金で・・・というケースは多いですが・・・
うーん、、、、





posted by sports777 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。