■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月04日

GENOVA、横浜FCのスポンサー募集

■ソース
http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201002260015.html
■概略
ウェブサイトでサッカーJリーグチームのスポンサーに。
GENOVA(渋谷区、平瀬智樹社長)は、三浦知良選手所属の横浜FCのスポンサー制度
「横浜FCオンラインスポンサー」を近く立ち上げる。
中小企業や個人事業主から小口のスポンサーを募集。
公式サイト専用ページに社名・ロゴ・応援コメントを1口・年間10万5000円で掲載。
初年度に240件のスポンサー獲得を目指す。
サイト掲載に加え、横浜FCバナーの提供、チケットや各種グッズの割引も行う。
GENOVAが8人程度のスタッフで運営、営業スタッフが中小企業や医院などに提案していく。
広告費は横浜FCに支払われる。
同社は1月に横浜FC運営の横浜フリエスポーツクラブとオフィシャルトップパートナー契約。
現在、横浜FCはJ2に所属する。新しい制度を通じて、J1昇格を後押しする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.yokohamafc-online.com/
これか、なるほどね。
¥10.5*240=¥2520万の資金調達ですか。
10万となると、意外と営業スタッフさんが大変そうですね。
posted by sports777 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!