■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月01日

スポーツ・スポンサーシップ・ニュース開始

SSN2.png
「スポーツ・スポンサーシップ・ニュース」のスタートを御案内致します。
http://sponsorship.jp/

◆プレスリリース(2010年3月2日)
SSNプレス100302pdf.pdf
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=53695


スポーツ協賛の報道情報と言えば、
プロ野球やJリーグチーム等のメジャースポーツ、
又は、石川遼選手等のTOPアスリートの大口協賛が主体で、
非常にバラバラに情報発信されています。

プロチームであれば、公式サイトにスポンサー名が記載されているので、
1チーム1チーム調べていけば、わからない事もないですが、
企業は資金を投資したのだから、もっとPRする場があっておかしくありません。
マスメディアに載るか載らないか・・・という事情もありますから、
意外とスポーツ協賛情報はまとめられていないのですよね。

我々も報道機関ではないので、
全てを取材して、記事を集める程のマンパワーはないので、
最初は、メディア情報を主体にピックアップしていきますが、
狙いは、企業が自由に契約情報を発表する場にする事です。
それによって、スポンサーシップの数・内容などの情報が認知される事で、
スポーツ・スポンサーシップが普及される事に繋がれば、と思います。

各企業担当者は、もっと、成約時にスポンサーシップをアピールするべきです。
ビジネスブランドにも、時にはソーシャルブランドにも繋がりますから。

よって、
メジャー競技への投資でも、マイナー競技への投資でも、
チーム投資でも、パーソナル投資でも、
大口投資でも、小口投資でも、
上場企業でも、中小企業でも、
プロへの投資でも、アマチュアへの投資でも、


スポンサードする企業の御担当者、            
又、スポンサードされるチーム担当者や選手の方々は、
どうぞ成約情報を御連絡下さい。              
無料掲載させて頂きます。                  
info@sports-gain.com

皆さんの周りで、企業の広報部・宣伝部・経営企画室などの方が居ましたら、
又、チームのマネジメント部門、営業部門の方が居ましたら、
是非、教えてあげて下さい。
又、少額でも構いませんので、選手本人からの情報もお待ちしています。
スポンサーシップ情報の発信は、企業のブランド構築にも役立ちますから、
どんどん情報を送って下さい。
むしろ、小口・アマチュア・マイナー競技の情報がほしいですね。
中々、調べてもわからない世界ですから。
よろしくお願い致します!
posted by sports777 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!