■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月01日

五輪スピード、社長報酬を削ってスポンサード

■ソース
http://vancouver.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100228-00000021-maip-spo
http://www.sanspo.com/vancouver2010/news/100228/oag1002281027006-n1.htm
■概略
日本チーム、銀メダル獲得のバンクーバー冬季五輪・スピードスケート女子団体追抜き。
田畑真紀選手(35)、穂積雅子選手(23)が所属する富山市の「ダイチ」は、
社員約40人の中小企業。
厳しい経営環境の中、社長の田中洋一郎さん(46)らが自らの給与を削って2人を支援。
ダイチは公共事業の予定地でボーリング調査などを行う地質調査会社。
田中さんの父で会長の実さん(75)が、国体の地元開催に向けた選手育成を依頼され
「地元に恩返しをしよう」と始めた。
ところがここ数年、景気悪化や公共事業の削減で年商は最盛期の半分以下に。
部員2人の経費は年間2000万3000万円だが負担は重い。
それでも田中さん親子は「小さい会社でもやれるんだ」という思いを胸に、
自分たちの報酬を削って部費を捻出した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日も記事化したのですが、また毎日新聞に掲載されていたので・・・
スケート・スポンサー、スポーツ振興に使命感

神様型スポンサーのダイチさん、
そうか、社長報酬を削ってまで、選手周辺経費を作っていたのですか。
アスリートにとって神様です。
posted by sports777 at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!