■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年02月06日

ヨット、1億円スポンサー*30社?

■ソース
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100206/ecc1002060502006-n1.htm
■概略
88年夏、地中海の高級リゾート地サルディニアでは12メートル級ヨットの世界選手権が
行われていた。取材に集まっていた記者団に対し、日本外洋帆走協会(NORC)から
次回アメリカスカップ(ア杯)への挑戦が発表された。
山崎達光をチェアマンとするシンジケートが結成され、
「ニッポンチャレンジ・アメリカ杯1992」と名付けられた。挑戦コンセプトは「日本人は
エコノミックアニマルではない。夢と勇気を持った血のかよった人間なのだ」というもの。
バブル景気の最中、世界の日本人観を変えることだった。そのために巨費と膨大な
エネルギーを費やし、目指すものは100ギニ−のトロフィーただひとつ。
挑戦表明はしたものの、果たして資金は集まるのだろうか。
山崎は後になって、「ア杯挑戦はジェットコースターに乗っているようだった。至福の時と、
苦しみの時の連続だった」と述懐している。
山崎は、船外機や舟艇の製造で日本のマリン業界をリードしていたヤマハ発動機の社長、
江口秀人を訪ね協力を要請した。江口もまた“熱”の人だった。2人の手は固く結ばれた。
ヱスビー食品とヤマハ発動機からの出資をシードマネーとして活動は軌道に乗った。
1億円×30社。1業種1社。30億円の資金集めが開始された。
「アメリカスカップ?」「ゴルフの大会?」…
苦しい時が続いたが、徐々に賛同する企業は増えていった。自動車、保険、証券、出版、
小売り、化学、鉄道、海運、航空、食品、飲料など。スポンサー30社はまさに同じ夢を
共有する異業種集団であり、強力なニッポンチャレンジの応援団と化した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010.2.6付けだったので、
おいおい、どこの企業が?1億を30社も?・・・・と驚いたが、
いやいや、良く読むとバブル期の話でした。

92年といえば、バブル崩壊の頃。
確かにあの頃は、色々な所で金が飛び交っていたなあ。
え、そんなものに、そんなに金出すわけ???という位に。
狂っていましたね。

その全く逆の時代にある現在。
企業業績はどこも下降。
テレビ視聴率は落ち、広告予算は落ち、スポーツ予算も削られていく。
全体的には、とにかくマイナス・スパイラルの中。
しかし、誰もが負け組ではないです。
勝ち組もたくさんいます。
又、強い精神を持った人間もたくさんいます。
心折れずに挑戦している人もたくさんいます。
そういう所には、金も人も集まってくる。
時代を言い訳にしている人種とは、異なります。

さあ、挑戦して行きましょう。



posted by sports777 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!