■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年02月06日

『真』

昨日は、ヤマケンさん(山本喧一氏)と打合せ。

さすが、熱い方。
UFC30という早期参戦した宇野薫選手が、日本人UFCの象徴的に言われますが、
ヤマケンさんは、それよりも早く、UFC23で無差別級トーナメント覇者を取っています。
2000年のUFC29では本国に乗り込んでいますし。
(この時タイトルマッチでは、なんと25kg減量したようですね)

この前後にも、
色々な流れや想いがあったと思います。
しかし、今は、未来(と未来の現実化)のみを見ていると思いますので、
社会・時代には、新しいヤマケンと映るかもしれません。
(いや、昔からのファンは、昔の延長上でのヤマケンらしさと見るかもしれませんが)

最近は、真の異種格闘技戦とも言える「タイタン」ですね。
http://tfcp.jp/
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/wit20090805/
今後、もっと過激に、もっと大きくなる事でしょう。
そのビジネスとしての戦略性も既に詰められています。
これは、いずれ御本人の口から語られるはずです。


今、ヤマケンは、山本代表として、Socialの世界にも向かっています。
(ヤマケンさん、ブログリンクされているから、伝えてもいいですよね?)
http://briver.jp/sns/
格闘技と社会貢献が何故繋がるのか?
その答えも、いずれ御本人から語られると思いますので、ここでは秘密という事で。
関係・大有りですね。
今のヤマケンさんを象徴するものと言えます。
格闘技の話から始まりましたが、個人的には、
むしろ、こちらを応援したい。
それが結果的に、総合格闘技の世界にも寄与していく事になるし。

自分も、NPOの世界で、全財産使った身ですし、
CSR系コンサルもやっていましたので、
Socialのポジションや意義は、知っているつもりです。
その辺りに接点ができますし、
今はスポーツビジネスにシフトしたが故に、過去を捨てたつもりですが、
過去を活かす事にもなるので、全く異分野と映る2つにブリッジを渡す為の貢献が
少しはできるかも。

昔からのファンも、新しいファンも、ヤマケンに注目!


PS・MMA AGENT ASIAのKさん、御紹介をありがとうございました。
PS・ヤマケンさん、記事化有難うございます。
   http://briver.jp/sns/?m=diary&a=page_detail&target_c_diary_id=5418


posted by sports777 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!