■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年02月02日

ハイチ大地震、米国プロスポーツ界からも支援

■ソース
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-13360320100115
■概略
12日にマグニチュード(M)7.0の強い地震に襲われたハイチでは、犠牲者の数が
5万人に達すると予想されるなど甚大な被害が出ているが、米国のプロスポーツ界
からも相次いで支援の声が上がっている。

米大リーグ(MLB)のセリグ・コミッショナーは、国連児童基金(ユニセフ)と連携し、
被災者の支援に総額100万ドルを寄付すると表明。「この寄付が救援活動の一助
になることを望み、ファンの方も寄付するよう呼び掛けたい」と述べた。

昨シーズンのMLB覇者ニューヨーク・ヤンキースは、球団の公式ウェブサイトを通じ、
50万ドル寄付する方針を明らかにしている。

また、自転車レースのツール・ド・フランスで前人未到の7年連続総合優勝を誇る
ランス・アームストロングは、自身の基金を通じて25万ドルの寄付を申し出たことを発表。

北米アイスホッケー・リーグ(NHL)も、ユニセフを通じて10万ドルを寄付したことを
明らかにしている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さすが、NPO先進国、チャリティ先進国のアメリカですね。
MLBもNHLも、そんなに資金に余裕はないはず。
しかし、Socialを優先して、率先して動く・・・
日本は見習わないと・・・



posted by sports777 at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!