■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年02月02日

サクソバンクが今季でスポンサー撤退

■ソース
http://www.nikkansports.com/sports/cycling/news/f-sp-tp6-20100109-584074.html
■概略
昨年のツール・ド・フランス総合2位のアンディ・シュレク(24=ルクセンブルク)を
擁するサクソバンク(デンマーク)のメーンスポンサーのひとつ、サクソバンクが8日、
今季でスポンサーを降りると発表した。
オンライン・トレーディングと投資を専門とする同社は2009年から3年契約で
スポンサーとなったが、最高経営責任者のラルス・セイア・クリステンセン氏は
「知名度を高めてくれたことには感謝している。しかし、銀行の狭いターゲットには
最適ではない」と、当初の予定より1年早く撤退することになった理由を話した。
同チームには昨年のツール・ド・フランス第17ステージを制したフランク・シュレク
(29=ルクセンブルク)、世界選手権のタイムトライアルを3度制した
ファビアン・カンチェラーラ(28=スイス)も所属している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらま、
1年が空白に・・・
しかし、欧州は、銀行という業種からの協賛が多いから、いいですよねえ。
日本のBankは、スポーツに関心が薄いですねえ、
まあ、欧州の金融系と、日本の金融系は、
やはり違いが大きいから、仕方ないのか???


posted by sports777 at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!