■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年02月02日

ザウバー、スポンサー獲得活動

■ソース
http://f1-gate.com/sauber/f1_6344.html
■概略
ザウバーC29は、数カ月間はスポンサーステッカーを辛抱しなければならない。
バレンシアでC29が公開されたとき、観察者の多くは空白をテスト用の暫定
カラーリングだと解釈した。
しかし、リアウイングには日本のスカルプDのロゴが掲載され、ドアミラーには
スイスの時計メーカーであるサーチナのロゴが掲載されていた。
「もっと多くなることを期待している。バーレーンや、ヨーロッパシーズンの開幕以降
にはもっと多くの(スポンサー)が載ると確信している」とペーター・ザウバーは、
リカルド・トレモ・サーキットでコメント。
「我々はクリスマス直前にスタートしたので、スポンサーを探す時間があまりなかった。
特にメジャーなスポンサーを探すには非常に厳しい時期でもあった」
ザウバーは、小林可夢偉とペドロ・デ・ラ・ロサがスポンサーを持ち込んでいるので、
ニック・ハイドフェルドを起用しなかったとの噂を否定した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

欧州もスポンサー取りがどこも苦戦していると情報が入っています。
(まあ、そうは言っても、F1ほどのTOPスポーツなので、獲れる選手は
 大金を獲得していますが)
日本人がいるチームには、資金調達も頑張ってほしいですね。


posted by sports777 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!