■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年01月31日

草の根後援会拡充でファン獲得、スポンサー獲得

■ソース
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20100130-OYT8T01152.htm
■概略
BCリーグ・富山サンダーバーズが後援会組織の拡充を進めている。
28日に射水地区後援会が発足し、4月の今季開幕前にさらに黒部、富山など
5地区に新設する計画だ。
開幕から3年連続で赤字決算の見通しの球団は、草の根の後援会活動を広げ、
観客動員数を増やすことで、収益強化とスポーツによる地域活性化の両立を狙う。

30日に富山市で開かれた後援会総会では、ファン層拡大についての意見交換が
行われた。「ファミリー会員の新設」「チーム名を冠したオリジナル商品の開発」。
約30人の参加者は球団の収支改善に向け、次々とアイデアを出し合った。

昨年、サンダーバーズの集客は1試合平均約1300人と、開幕元年の2000人を
大きく下回った。このため、球団と後援会は昨年9月、2010年会員を09年会員
(約1400人)の3倍以上の5000人に増やし、立山、高岡の2地区のみの
地区後援会を10地区に増やす計画「プロジェクト5000」を始動した。

地区後援会を拡充することで、地域に密着したイベントなどでファン層のすそ野を広げ、
球団の知名度を確実にする一方で、不況で減少するスポンサー収入も補うのが狙い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後援会は、全てのベースになります。
後援会の動き方で、チーム収益は変わってきますからね。
頑張って下さい。

PS・アスリートセミナー参加者は、上記で色々な点、再確認して下さい。



posted by sports777 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。