■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年01月27日

スズキ陸上競技部休止→クラブ化へ

■ソース(1月27日2時32分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000006-mai-spo
■概略
<男子駅伝>スズキ、4月にも活動休止 「全日本」に41回

全日本実業団駅伝に41回出場実績がある名門、スズキ陸上競技部の男子駅伝チームが
今年4月の来年度当初にも活動を休止することが26日、分かった。
関係者が「そういう方向で進んでおり会社幹部から話があった」とし、来月早々に正式説明。
男子駅伝チームは、鈴木自動車として1962年創部。
同年末の第7回大会で初出場し10位。
75年まで14年連続で出て、82年に過去最高の5位に入った。
ケニア代表で北京五輪一万メートル7位マーティン・マサシを擁し、07年まで16年続けて
本大会に顔を見せ「ニューイヤー駅伝」の常連に。
だが女子チーム関係者が交通事故を起こした引責で昨年は辞退。2年ぶりの今年元日の
第54回は37チーム中26位だった。スズキ陸上競技部には、昨夏世界選手権(ベルリン)
やり投げで3位に入った村上幸史も所属している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

企業スポーツの休廃部・・・
うーん、何か陸上の話が多いな・・・




スズキ陸上部がクラブ化へ 村上含め全選手支援を継続
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/headlines/20100127-00000035-kyodo_sp-spo.html

4月から静岡県拠点のクラブチームへ移行するようですね。
地域密着型の社会人陸上クラブで、40人の選手がそのまま在籍・・・
NPOでも鰍ナも、どちらにしても、
現役選手を40人も抱える大所帯クラブになりますから、
資金調達が大変と思いますが、
頑張って下さい。



posted by sports777 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!