■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年01月20日

タバコの次はアルコール広告規制、WHOが指針案

■ソース
http://www.asahi.com/business/update/0118/TKY201001170292.html
■概略
世界保健機関(WHO)は、アルコールが健康や社会に与える害を防ぐための
規制指針案をまとめた。酒類メーカーの広告やスポーツイベントのスポンサーを規制
安売り制限などを含む。20日のWHO執行理事会で合意される見通し。
具体化は各国の自主性に委ねるが
WHOがたばこに次いで対策に乗り出すことで、
アルコール害への意識が国際的に高まるとみられる。
この指針は「アルコールの有害な使用を減らす世界戦略」。WHO事務局案は
「年250万人の死因に関係する」と警鐘を鳴らす。

指針は、WHO加盟国への法的拘束力は持たない。各国は地域性や宗教、文化など
に合わせて対策を選べるが、その進展について定期報告を求められることになる。
WHOは1980年代、「健康への脅威」として、たばこ規制に乗り出した。
米国でたばこ会社に賠償を求める裁判が相次ぎ、広告規制や価格引き上げに繋がった。
アルコール議論は、「たばこ規制枠組み条約」が採択された2003年ごろから勢いづいた。
日本でも、ビール業界がテレビCM自粛に動いている。

◇「アルコール世界戦略」案の対策例
・小売りする日や時間の制限
・酒の広告内容や広告量、メディアの規制
スポーツ・文化イベントのスポンサー規制
・若者を対象にした販売促進の禁止や制限
・値引き販売、飲み放題の禁止や制限
・アルコール課税、最低価格の導入

・非アルコール飲料への価格誘導
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こりゃ大変だ。
日本のスポーツ界に大いに影響を及ぼす事でしょう。
KIRIN、ASAHIさん達はどう出るか?

かつて、タバコ規制で、F1スポンサーが大混乱になった事が、
他競技でも起こるということか。
各国の自主性、法的拘束力は持たないとはいうが、
欧州・欧米が先行して、アジアも追従という流れになるのかな?
こりゃ、大事ですわ。

イベントスポンサーという言い方だが、
チームスポンサー等もいずれ含んでくるのでしょう・・・
酒がスクリーニングされると、
ちょっと困りますよ・・・

posted by sports777 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!