■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年12月28日

ペプシがスーパーボウルCMをやめてSNS展開

■ソース
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/091226/47148.html
■概略
米飲料大手ペプシが来年2月のNFL王座決定戦スーパーボウルへの広告を中止し、
その分をソーシャルメディアなどのインターネット関連広告に資金投入する勝負に出る。
世界の広告業界に大きな影響を与えることは必至だ。
ペプシが、世界一CM料金の高いスーパーボウルの中継のスポンサーから降りる
というのは世界の広告業界にとって大きな関心事。
というのも、30秒スポット広告が約300万ドル(約2億7000万円)。
ペプシは、この中継に1987年から23年間、毎年出し続けてきた。
ただ、ここにきて放送時間が限られるTV広告を見直し、長時間のコンタクトが可能な
ソーシャルメディアに舵を切る。
昨年は世界中で約9500万人がTVで中継を見ており、視聴率は42.1%と関心が
高いのは相変わらず。また一方で、18歳から34歳の年齢層の85%がフェースブック
などのソーシャルメディアを使用している。
そこに目をつけ、2000万ドルを投入するのだという。急速に拡大するソーシャルメディア
に魅力を感じており、来年の1月から、この展開を世界規模で広めていこうとしている。
ライバルのコカコーラは、スーパーボウルの広告出稿に関しては結論を表明していない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さすがアメリカ、桁が違います。
9500万人テレビ観戦、42.1%視聴率・・・恐るべしスーパーボウル。
リーチがでかいのはわかりますが、
30秒スポットCMで2.7億とは・・・・
日本の局なら、何本スポットが打てるかと思うと・・・

アメリカでも広告界が冷えてきているのでしょうが、
テレビは今も強いメディアながら、
ネットへの予算シフトは、国に関係なく、時代的なもの。
企業にとってはコンバージョンが一番大事ですからね。
リーチだけでは通用しないという思考が広がってきたかな。

それにしても、アメリカ人のNFL人気は凄いわ。
人口が日本と比較できないものの、
それにしても、スポーツが喰っていける土壌がありますからね。
日本とは違うわ・・・


posted by sports777 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!