■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年12月28日

笹原右京君(13)カート世界大会・Jr部門優勝

■ソース
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/gunma/091227/gnm0912270208002-n1.htm
■概略
※夢はF1レーサー
現役F1レーサーの多くが経験し、「F1への登竜門」と呼ばれる自動車競技、
カートレースの世界大会「ROTAX MAX CHALLENGE」が12月、エジプトで開催、
ジュニア部門(13歳以上15歳以下)で群馬県沼田市在住の中学1年生、
笹原右京君(13)が日本人初の優勝という快挙を成し遂げた。
若さと実力を兼ね備え、カート界の石川遼」である笹原君に聞いた。


◇これまでのレースを振り返って、苦しかったことは

  「去年3シリーズで全てチャンピオンにあと1歩のところで負け。悔しくてやめようかと
  思った時も。1回レースに出るだけで交通費・整備費等にものすごくお金が掛かりますし。
  親にはすごく迷惑をかけてしまいました。
  勝てばスポンサーからスカラシップがもらえますが負ければ家計に負担をかけるだけ
  僕には常に勝つことが必要なんです」

◇今後の抱負を
  「最近、日本のモータースポーツ界は元気がないし、海外からも低く見られがちで、
  すごく悔しい。日本人でもやればできる、海外でも通用する事を、勝ち続けて証明したい。
  最終的な目標はF1の大舞台で勝つこと。世界中の人に感動を与えられるような
  世界チャンピオンを目指したいと思います」

                   ◇
【プロフィル】笹原右京

平成8年、沼田市生まれ。市立沼田中学校1年。6歳からカートを始め、今年は
「JAFジュニアカート選手権」「RMCジュニアマックスシリーズ」など国内の主要タイトル戦
で3冠に輝いた。好きな言葉は「I can do it(やればできる)」。
自動車整備工場を経営する両親との3人家族。中学校では水泳部に所属。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次世代アスリート発見。
13歳でROTAXを制したようです、素晴らしい。
http://blogs.yahoo.co.jp/ukyomama17

インタビュー記事から、相当できる子と予測できますよね。しっかりしている。
この歳から、モータースポーツ界を俯瞰し、
モータースポーツの資金調達にも言及しています(簡単ではありますが)。

このクラスになると、
例え13歳でも1000万を超える競技資金が必要。
スポンサーが必須という事になります。
モータースポーツは金が掛かるし・・・

I can do it で、頑張ってほしいです。
行けるでしょ、この技術と頭脳ならF1に。
欧州レーサーを抑えての優勝は、本当に期待できますよね。
家族は大変でしょうが、
スポンサー獲得に協力して、最高の競技環境を与えてあげて下さい。
頑張れ、笹原右京!

PS・
先日、アスリートセミナーで、
スポンサー獲得法を学んでいた、神戸のS君も頑張れよ!



posted by sports777 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!