■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年11月22日

琢磨F1ロータスと交渉

■ソース
http://www.nikkansports.com/sports/motor/news/p-sp-tp2-20091122-568475.html
■概略
F1復帰を目指す元スーパーアグリの佐藤琢磨(32)が21日、東京都内のイベントで、
来季復活するF1のロータスと参戦交渉を行っていることを明かした。
F1、米インディカーシリーズの複数チームと交渉中だが、具体的な名前を挙げたのは
初めてで「年内にはチームを決めたい。
F1のシート獲得には有力スポンサーが不可欠。
今季でトヨタが撤退するなど逆風は変わらず、来季は日本人ドライバー不在の危機。
だが、佐藤は「F1と日本のつながりが細くなる中でシートが獲得できれば、日本からの
応援を1本化できる」と「F1日本代表」の肩書をスポンサー獲得の追い風にするつもりだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人的には、モータースポーツ界全体を意識するという観点から、
一貴、可夢偉ではなく、琢磨に頑張ってもらいたい。
(色々な意見があるでしょうが。次世代という意味では、若い可夢偉に期待)

日本のモータースポーツを少しでも維持するには、
やはりF1の日本人は必要。
(無論、MotoGPでも)

スポンサー獲得がカギになりますが、今回は何としてでも獲得して下さい。
(琢磨のマネジメントはどこだっけな?)




posted by sports777 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!