■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年11月11日

民放キー局、全社減収

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091105-00000111-mai-bus_all
■概略
在京の民放キー局5社の09年9月中間連結決算が5日出そろった。
景気低迷の影響で広告収入の落ち込みが続き、全社が減収になった。
前年同期が赤字だった日本テレビとテレビ東京の2社を除く3社は最終損益も
減益となり、うちTBSホールディングス(HD)は赤字に転落した。
各社とも番組スポンサーの広告が十数%の大幅減になり、番組制作費の抑制と、
番組のDVD販売や映画などの放送外事業での収益確保を目指した。
番組と番組の間に流すスポット広告も減少。
ゴールデンタイムの視聴率上位3位のフジ・メディア・HD、日本テレビ放送網、
テレビ朝日では回復傾向がみられるが、景気の二番底を懸念し
「12月以降は見通せない」(フジ担当者)との声も聞かれる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビの強さが落ちてきています。
その根源は、広告よりもPRの時代になったという点が大きいと思います。
視聴質の問題や、不況という問題も大きいのですが、
テレビ広告でリーチを掛けても、ネット広告に比べたらコンバージョンが
低いケースもありますし、
マスマーケティングの威力が落ちてきてきているからではないでしょうか。
周辺ではテレビを見なくなったという人が実際に増えていますし、
エグゼクティブほど、その傾向が高いと思います。

そうなると、元々テレビ露出が期待できないアマチュア選手には有利ですよね。

まあ、そうは言っても、マクロでは、他の媒体は到底勝てない、
圧倒的な数値の高い威力あるツールなのですが。


posted by sports777 at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。