■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年11月11日

高知FDのスポンサーが来季も継続支援

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091106-00000014-san-l39
■概略
野球独立リーグ「四国・九州アイランドリーグ」の高知ファイティングドッグス(FD)は
5日、メーンスポンサーの「日本トリム」が来季も継続支援することが決まったと発表。
一方、尾崎正直知事は同日、高知FDの支援拡大のため県や経済界、県民などを
含めた新たな県民会議を設立する考えを明らかにした。
高知FDは平成19年10月にリーグの直接経営から各チームの独自経営に移行した際、
現経営陣が20年から2年間の期限を設けてチームを運営。
同社は同年から2年契約でメーンスポンサーとなった。
同社社長は「今季打切りも検討したが、高知FDが県民球団として定着したことや
県からの支援要請もあり、支援継続を決めた」と説明。契約期間は来季まで。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

良かったですね。
今季打切りも検討していたようですが、
スポンサーメリットではなく、周辺の熱意からなのかな?
もしすであれば、稀なケースでしょうが
(この不況下、熱意や根性が優先されるのではなく、あくまでも
 スポンサーメリットの善し悪しが基本ですから)
頑張って下さい。


posted by sports777 at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!