■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年10月29日

F1ドライバーの年俸(2009年)

■ソース
http://f1-gate.com/driver/f1_5407.html
■概略
2009年、全F1ドライバーの年俸総額は約118億円。
キミ・ライコネンは、2010年までフェラーリと契約を結んでおり、フェラーリ側の事情で
1年前倒しで契約終了の為、仮に来年なにも仕事をしなくても違約金41億円を受取る。
中嶋一貴の年俸は、ペイドライバー扱いで基本給0ドルとの評価。
ロマン・グロージャン、小林可夢偉も基本給は受け取っていないとされている。
これらの数字は基本給に過ぎず、金額的にはその3倍の
スポンサーシップやその他収入を含んでいないとしている。


2009年 F1ドライバー 年俸(推定)
1. キミ・ライコネン(フェラーリ) : 4,500万ドル(約40億9000万円)
2. ルイス・ハミルトン(マクラーレン) : 1,800万ドル(約16億3000万円)
3. フェルナンド・アロンソ(ルノー) : 1,500万ドル(約13億6000万円)
4. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ) : 850万ドル(約7億7000万円)
5. フェリペ・マッサ(フェラーリ) : 800万ドル(約7億2600万円)
6. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ) : 650万ドル(約5億9000万円)
7. セバスチャン・ベッテル(レッドブル) : 600万ドル(約5億4500万円)
8. マーク・ウェバー(レッドブル) : 550万ドル(約5億円)
9. ジェンソン・バトン(ブラウンGP) : 500万ドル(約4億5000万円)
10. ロバート・クビサ(BMWザウバー) : 450万ドル(約4億万円)
11. ヘイキ・コバライネン(マクラーレン) : 350万ドル(約3億1800万円)
12. ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー) : 280万ドル(約2億5000万円)
13. ティモ・グロック(トヨタ) : 200万ドル(約1億8000万円)
14. ジャンカルロ・フィジケラ(フェラーリ) : 150万ドル(約1億3600万円)
15. セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ) : 150万ドル(約1億3600万円)
16. ルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP) : 100万ドル(約9000万円)
17. ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ) : 50万ドル(約4500万円)
--. エイドリアン・スーティル(フォース・インディア) : 0ドル(レンタルドライバー)
--. 中嶋一貴(ウィリアムズ) : 0ドル
--. 小林可夢偉(トヨタ) : 0ドル
--. ヴィタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア) : 0ドル
--. ロマン・グロージャン(ルノー) : 0ドル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

基本給0の一貴選手ですが、
スポンサー協賛金とその他収入で、何億の収入なのかな?
頑張って下さい。
posted by sports777 at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
F1ドライバーでも給料無しという人がいるのですね・・・

やっぱりレースは、金持ちのスポーツ・・・
と認めたくなかったところもあるのですが・・・
今年の不況もあり・・・
やっぱり、レースは金持ちのスポーツ?になってしまうのですね・・・
Posted by k5 at 2009年10月29日 21:28
給料無しではないですよ。
上記はあくまでも基本給という名目で、ですよね。
協賛金やその他収入の報酬を相当取っていますよ。

モータースポーツ自体の話をしますと、
やはり金持ちレーサーが強い事は、変わらないでしょうね。
上に上がる際に、1番が資金不足でステップUPできず、
2番選手は金があって、スンナリ、エスカレーターを上がれたという話はいくらでもありますからね。
ですから、モータースポーツのアマ選手には、
資金を引っ張る能力も、初期段階から身に付けてほしいと思っています。

Posted by sports777 at 2009年10月29日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!