■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年09月26日

J浦和、来季大減俸、不景気&入場者減で苦肉の策

■ソース
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20090925-OHT1T00292.htm
■概略
浦和が徹底的な人件費削減の一環として、来年度から新報酬体系。
他クラブ同様に完全固定給の年俸が、ベース部分と出場給に分割され、事実上の大減俸策。
一部選手側には通達済みで、ビッグクラブの厳冬はリーグ全体に波紋を呼びそう。
世界進出の野心と圧倒的人気と高報酬で絶大なブランド力の浦和が、衝撃の人件費削減。

基本給と出場給の配分は7対3、6対4など選手により設定されるが、負傷・監督好みで
出場機会を失ったり代表入りで欠場する場合もダウンの対象となる。
不景気の影響で開幕前に三菱ふそうがスポンサーから撤退。
ホーム入場者数も1試合平均5000人減少で、リーグ7位の昨年同様の大減収の危険性も。
苦肉の策だが、横浜Mは2年前に浦和と同じ形で報酬体系の変更を行った結果、
選手の不満噴出などで1年間で廃止にした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浦和レッズが・・・・・これは厳しい。
圧倒的なサポーターがいて、チケット収入も多かったレッズが・・・いつの間にか・・・
人件費削減の原因は、高額年俸との事ですが、
野球に比べれば・・・・とも言っていられない状況に、Jリーグもなってきたという事か・・・

横浜が不満により、1年で廃止した報酬体系をレッズが採用する・・・・
うーん、どうなんでしょう。
金額はわかりませんが、三菱ふそうがスポンサー撤退も響いているのかな。
更にビッグスポンサーを獲得する事と、
やはりサポーターがガンガン応援に行く事が少しでも打開策になるような。
頑張って下さい。

posted by sports777 at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この情報ですが三菱ふそうの件はDHLがその部分のスポンサーになっていると思います。


>ホーム入場者数も1試合平均5000人減少で、リーグ7位の昨年同様の大減収の危険性

観客数もこれも観客数が伸びる時期にホームゲームが無かったことがかなり影響しているのではないでしょうか?

浦和の場合は減収より、昨年の監督解任による違約金がかなりになることがわかっています。
Posted by h at 2009年09月26日 20:33
なるほど、そうですか。
不景気がスポーツ全体に影響していますが、
各競技、各チームが早く打開策を取ってほしいですよね。
Posted by sports777 at 2009年09月26日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!