■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年09月21日

リュージュ安田文選手の技術面&資金面の挑戦

■ソース
http://www.hokkaido-365.com/365column/itou/2009/09/post-6.html
■概略
伊藤龍治の「スポーツ見聞録」
安田文選手26歳
・・・そり競技・リュージュの日本代表候補。
来年2月・カナダ・バンクーバー冬季五輪を目指す、ナショナルチームの一員。
問題が少しある。
164・5cm59kgは最軽量に近く、競技会ではMAX10kgの重りを
そりに載せられるが、重りではバランスが崩れる。だから、体重増量が必要。
もう一つの問題は、環境面と年齢面。
札幌五輪で使用したリュージュコースは老朽化が進み、公認コースは長野のみ。
長野にも海外に行くにも経費がかさむ。競技人口が少ない為、連盟も資金が潤沢でない
前述問題点のほかに狙っていた06年トリノ冬季五輪シーズンの腰の故障。
競技を続けるための経済的負担という現実、、、。
言うならば、「やり足りない思い」。
遠征費稼ぐために、お金が無いから食事も牛丼とか大衆食堂とかで、、、と笑う。
日中は派遣社員として電気製品販売会社で携帯電話コーナーを担当。
文選手は、アマチュアスポーツの原点にいる、プロ意識を持った女性アスリート。
こういう選手を応援するのが、北海道の務めなのだと私は思った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


例えメダルを狙う、日本のトップ選手でも、
マイナー競技という点から資金難を強いられるケースが多い事を物語っています。
安田選手だけでなく、多くの選手が資金調達で苦慮し、
協会・連盟サイドも十分なサポートができない状況・・・

ここを少しでも変える事で、日本のメダルが増える可能性があります。
確かに全選手を助けるには無理があるかもしれない。
そこに国費(税金)を投入するなら、また論議も出る事でしょう。
トップスポーツ支援という方向性の支援策を出していた自民党が破れ、
地域レベルのスポーツ支援と言っていた民主党が、国費を操る。
しかし、マニフェストにはスポーツ支援自体が記載されていない・・・

という事は、国の支援策を待たずに、
選手自らが競技資金の調達環境を変えなければならない。
競技レベルの向上だけでなく、
競技生活を維持する為の方策を座学で教える必要がある事に、
もっと連盟・協会が気を使うべき。

筆者の伊藤氏の最後の言葉がいいですねえ。
メディアとして、ガンガン、露出してあげてほしいですね。
posted by sports777 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!