■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年09月05日

女子サッカー伊賀、洋菓子で資金調達

■ソース
http://mainichi.jp/area/mie/news/20090904ddlk24100318000c.html
■概略
女子サッカー「くノ一」を、洋菓子で応援/名張・モンパクトルが新商品
◇売り上げの一部を寄付

名張市の洋菓子店「モンパクトル」が、日本女子サッカーリーグ2部・伊賀FCくノ一
応援する新商品「くノ一応援菓(おうえんか)」を開発。
選手のアイデアを取り入れ、巻物風に包装したり、伊賀焼の器に盛った。
一部には選手のサイン入り写真が付く。6日以降、店やホームゲーム会場で販売し、
売り上げの5〜10%をチームに寄付する。

チームからスポンサー要請を受け、「長期的に協力でき、地域活性化にもつながる」と
6月に商品化を決定。7月から開発を進めていた。菓子は3種類。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

causeRelatedMarketing。
5〜10%は、他の事例に比べて大きいと思います。
単価・販売数も関係しているでしょうが、
%だけ見れば、モンパクトルさんの心意気を感じます。

単年・資金スポンサーではきつい。
しかし、売上連動型で一部寄付式なら、小企業でも負担が少なく、
スポンサーシップに参画できる・・・CRMは増えるでしょうね。
既に自動販売機のジュース販売でもCRMが生まれていますからね。
企業CSRとも関連付けられる。

対象物は商品に限らず、サービスでも可能なのだから、
別記事で、8000万調達が急務というbjチームも、
こういう契約をたくさん増やすべき。

伊賀FCくノ一は、こういう小さな資金調達をもっともっと増やして、
結果的に戦績に結びつけてほしいですね。
この洋菓子、楽天なんかでヒット商品になったら、
全国から、伊賀FCくノ一が間接的に応援される事にもなるのですからね。

頑張って下さい。

posted by sports777 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!