■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年08月10日

五輪メダル量産へ国家戦略、カヌー等8競技支援

■ソース
http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009080501001023.html
■概略
2012年ロンドン五輪でのメダル量産を目指し、文部科学省が日本オリンピック委員会と
連携して、情報・医科学から特別支援する「マルチ・サポート事業」の大枠が分かった。
柔道・競泳など実績競技に加え、日本人の適性や北京五輪での好成績を考慮してカヌーや
フェンシングなど計8競技程度を選定する。今月中にも発表される。


同事業は国立スポーツ科学センター(JISS)に委託し、従来の強化費の配分とは別に、
最先端スポーツ医科学や用具開発など専門家によるプロジェクトを作り、国家戦略として支援。
2009年度予算は約3億円。
将来的なメダル獲得の可能性を評価されたトライアスロンやトランポリンも加え、本格始動する。
北京五輪で太田雄貴(森永製菓)が日本人初の銀メダルを獲得したフェンシングには、
9月の世界選手権(トルコ)で映像、心理、栄養、医科学の専門スタッフが同行
文科省関係者は「日本人の特性を生かした競技を発掘し、投資する画期的な試み」と説明した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほど、いいですね。
次世代の競技にも、先行投資すると。
(しかし、ちょっと金額が少ない・・・この御時世だから?政治力か?)


1歩前に出て、前例等を要せずに試みる事が大事。
スポーツに限らず、日本は海外に比べて、チャレンジをしにくい人種(保守的傾向)で、
それが国に近いポジション程に表れ、
しかも政治課題以外には金は落ちにくいものだが、
もっともっと、新しい試みを増やしてほしいですね。

マルチ・サポート事業、いいじゃないですか。
マイナー競技は、頑張らないと!



posted by sports777 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!