■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年08月08日

トヨタ車体、来年3月末で陸上部廃部

■ソース
http://mainichi.jp/enta/sports/general/track/news/20090808k0000m050079000c.html
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2009080700327
http://www.asahi.com/sports/update/0807/NGY200908070005.html
http://www.47news.jp/news/2009/08/post_20090807111005.html
http://sports.nikkei.co.jp/index.aspx?n=SSXKE0591%2006082009
■概略
トヨタ車体陸上部は7日、来年3月31日で廃部することを正式発表。
「社員の一体感醸成や士気高揚、企業イメージ向上を達成することができた」としている。
陸上部員は双子のマラソンランナー、大南博美、敬美(たかみ)=33歳=姉妹のほか、
高橋昌彦監督とマネジャーの計4人。
高橋監督によると、大南姉妹は現役続行を希望していると言う。高橋監督は今後について
「企業に受け入れてもらうのが第一。企業が見つからなければ、クラブを立ち上げること
なども考える」と語った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですか、また廃部ですか。
陸上以外の競技の実業団の裏側を聞きますと、
形はキープしているものの、
選手(社員)報酬減額や選手削減、経費削減はもちろんの事、
名目上の所属で生活費は他社スポンサー獲得OKだとか、
報道以上に、基盤がぐらついているという情報が入っています。

生き残りの時代は、スポーツだけではないので、今が踏ん張り所。
頑張らないと。
高橋監督、クラブ設立を!


ところで、ハンドボールは大丈夫なのか?
車体さんに引かれたら、ちょっとまずいな。

士気高揚、企業イメージ向上が済んだのはわかりますが、
その先の、CSRを含む統括的なブランディングには、まだまだ有益と思われますが・・・
特にトヨタ・ネットワークですからねえ。


posted by sports777 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。