■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年08月08日

FC岐阜、スポンサー新たに6社獲得

■ソース
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090807/200908070927_8517.shtml
■概略
経営危機に陥っているJリーグ2部(J2)FC岐阜のユニホームスポンサー(袖)に
「サン・メイト」が決まった。ユニホーム上着にスポンサーが付くのはJ参入後初めて。
林社長は「岐阜で唯一のプロチーム。FC岐阜を通して岐阜を元気な街にしたい」と語った。

6月末、今西和男GMがクラブの窮状を訴える緊急会見を開いて以降、ユニホームに
スポンサーが付いたのはパンツの「山中製菓」に続いて2社目。オフィシャルスポンサーなどを
含めれば、新たに6社が支援を名乗り出た。
スポンサー決定後、自社ホームページのアクセス件数は20倍に増え、反響の大きさにも
驚いているという。「いずれは胸のスポンサーになりたい」と話した。
新たにオフィシャルスポンサーとなった「コパン」社長も会見で「地域密着というわが社と共通の
理念を持ち、何か協力したかった」と説明した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おお、岐阜、良かったですねえ。
寄付・支援・後援・協力・協賛は、それぞれ性格が異なるものですが、
支援心とスポンサーは、親戚関係。

うまく繋がったケースと言えるかな。

アクセス数が20倍に増えて、そこから売上向上に結び付けば、
継続契約も見えてきますから、
クラブサイドは、その辺りへの直接寄与を考慮しながら、
スポンサーメリットを達成して下さい。

1度獲得したスポンサーは、毎年契約に持ち込む・・・
信用第一です。



posted by sports777 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。