■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年07月18日

瀬川秀太郎と浅井未来、WORLD GAMESへ

■ソース
http://www.jwba.net/news.html
■概略
ウェイクボードがオリンピック競技になる為の通過地点である”WORLD GAMES”が
7月22日から台湾高雄市で始まる。
ウェイクボードと水上スキー競技には、30ヶ国からの選手が出場する事で、
個人の争いからまさしく 国の代表の戦いとなる。
昨年の国内ランキング1位の瀬川秀太郎浅井未来が日本代表として参戦。
IOCが後援する国をあげた競技会だけに、出場する2人はドーピング検査の為に、
持参する薬を事前申告するなど手続きも多く、普段の国際大会とは様子が違う模様。
日本代表の2人がメダルを持って帰ってきてくれるように、みんなで声援を送ろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20090717/07.shtml
■概略
マリンスポーツ・ウェイクボードで、プロとして活躍中の瀬川秀太郎さん(20)が、
16日に台湾で開会した国際トップアスリートの総合競技大会「ワールドゲームズ」
のウェイクボード競技(22〜25日)に日本代表として出場。

ウェイクボードはボートにロープをつなぎ引っ張ってもらい、ボードに乗って水上を滑り、
ジャンプなどの技を繰り広げ、印象度や難易度を競う。
日本ワールドゲームズ協会によると、ワールドゲームズは「第2のオリンピック」と言われ、
4年に1回開催。今回は、世界90カ国から約3千人が出場。31競技が実施される。
ウェイクボードには約30カ国の選手が出場するという。

秀太郎さんは、中学3年の時に「日本ウェイクボード協会」からプロと認定された。
その後は、ウェイクボード指導者やショップ店員として働き、17歳から海外大会に出場。
昨年はプロツアーで日本人トップの成績。ウェイクボード日本代表は2人だけ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウェイクボード・・・ノーマークでした。
まだまだ、露出が少ないながらも、
若くして世界で活躍する選手が多いのを実感させられます。
上記2人の選手には、是非メダルを取って、
国内の競技普及に努めて頂きたいですねえ。

マイナー競技でもパーソナルスポンサーは取れますから、
媒体露出を気にせず、企業スポンサーを獲得してほしいですね。

頑張れ、瀬川秀太郎!
頑張れ、浅井未来!

そうか、IOCはウェイクボードの五輪公式競技化を視野に入れていたのですね。

posted by sports777 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!