■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年07月11日

エスポラーダ、Fリーグ初の12試合無料

■ソース(09.5.22・日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20090522-497530.html
■概略
リーグ初!エスポラーダが道産子入場無料
Fリーグ・エスポラーダ北海道が、ホームゲーム全12試合・入場料を道民は無料と発表。
Fリーグは、有料が一般的で、このような大規模な無料化は初めて。
道民に広く認知されるため、大胆なアピール作戦に踏み切った。


Fリーグ初参戦の09年、9月6日バサジィ大分戦(釧路市)を皮切りに12試合。
全試合で、オフィシャルファンクラブ会員専用席を除く全シートを、道内在住者に無料。

ホームアリーナは北海道立総合体育センター。
収容5000席で、オフィシャルファンクラブ会員数を1000人としても、4000人が無料観戦。

昨年Fリーグ平均観客数は2012人。チケット料金は平均大人2000円、中高校生700円。
1試合約300万円の入場料→12試合で約3000万円をファン獲得の先行投資とする。

入場料収入はチーム運営費の大きな柱だが、スポンサー援助もあって無料化が実現する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月の、少し古い記事ですが、
ちょっと気付かなかったフットサルネタを。
御存知の方が多いと思いますが、エスポラーダの上記記事は凄い!
年間¥3000万分のチケット収入を投資・・・
それほど多くのスポンサーを獲得済みだから?
運営サイドにとっては大きな賭けになるのでしょうが、大きな決断に期待したいですね。
頑張って下さい!


ただ、ちょっと心配なのが、
http://www.espolada.com/watching/watching.html
これを読む限り、「無料招待観戦チケット=北海道在住の子ども達と大人(50歳以上)」と。
オフィシャルファンクラブ個人¥1万を払えば、12試合無料???
少し報道と違うようですが・・・詳しい方は教えて下さい。


posted by sports777 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!