■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年07月10日

Fニッポン、キッズ観客誘引策

■ソース
http://response.jp/issue/2009/0705/article126890_1.html
■概略
【Fニッポン第5戦】イベント…グリッドキッズや子ども記者体験など

2009年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第5戦が11・12日、鈴鹿サーキット開催。

レース以外にも多くの人に楽しめるイベント情報が企画されている。
マスコットキャラクター「コチラ」生誕30周年を記念して、毎週イベントを開催。
11・12日には第19弾「コチラレーシングinフォーミュラ・ニッポン」として、
小学生の為のモータースポーツファンクラブ「コチラレーシング」がFE-810搭乗体験、
決勝「グリッドキッズ体験」、「子ども記者体験」を行なう。

コレクションホールは「鈴鹿を走ったマシン達」を開催。2輪、4輪マシンを展示。
LAWSON TEAM IMPULテントでは、買い物をすると08年チャンピオンマシン体験乗車や、
くじによるグッズプレゼントも。ドライバーや監督のトークショーも予定されている。
全イベント終了後には「マイカーラン」を開催。国際コースを自車でフルに走ることができる。
鈴鹿サーキットクイーンや各チームのレースクイーンを撮影できるフォトセッションも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、今に始まった事ではありませんが、
サーキットへの集客という観点から、キッズ対策は必要。
父子観戦が、母に許されますしね。

将来のモータスポーツへの誘引という意味でも、
キッズをどんどんサーキットに連れて来なければ。

小さいうちに、ガソリンとタイヤの溶ける臭い(いや匂いか)を洗脳?

 

サーキットは広いから、他競技に比べて、色々な策が打ちやすい。
そのような観点では、他競技は、モータースポーツのキッズ対策を流用してみては?

Fポンも観客数が減っているようですから、頑張ってもらわないと。

posted by sports777 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!