■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年06月30日

フォーミュラ・ドリフト、日産がスポンサー

■ソース
http://singapore.keizai.biz/headline/4766/
■概略
シンガポールで「フォーミュラ・ドリフト」−地元出身の注目選手も
ドリフト走行テクニックを競う「フォーミュラ・ドリフト・プロアマシリーズ2009」が
7月4日・5日、チャンギ・エキシビションセンターで開催。
(主催=スポーツ専門放送局のESPNスター・スポーツ)

同大会は北米「フォーミュラ・ドリフト・USチャンピオンシップ」の一環で、今年で2回目。
シンガポール、タイ、マレーシアなどから、プロ、アマチュアを含めて約40人が参加。
シンガポール人選手では、日本初ワークスドリフトドライバー野村謙さんの下で
トレーニングを積み、昨年10位入賞を果たしたプロドリフター、イヴァン・リム選手が注目。

ESPNスター・スポーツのハービー・デイヴィス副会長は「グッドイヤーや日産といった
大きなスポンサーを迎えたことで、当大会をより高いステージに引き上げることができた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おお、ちょっと認知不足でした。
ドリフト大会に日産がスポサードしていたとは・・・。
どうしても、スポサーシップに関しての国内情報として、
カート・フォーミュラ・箱に集中していて、ドリフト関連の情報を認知していませんでした。

古くは、ドリキン・土屋圭一氏の86がデビュー前から
峠でドリ伝説を作っていた時代からファンで、
自分も山で遊んでいた事があるので、
ドリフト=日本発(土屋発)=D1グランプリという認識でした。

いつの間に、フォーミュラ・ドリフトなんて名称で海外に飛んでしまったの?
どなたか詳しい方は教えて下さい。
箱ドリでフォーミュラって、どういう意味???

「フォーミュラ・ドリフト」、北米に次ぎ星で開催−日本人選手が優勝 
 これを読む限り、D1グランプリが海外に飛び火したのかな?







posted by sports777 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。