■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年06月28日

日光アイスバックス、赤字減少→今後の期待

■ソース
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/bucks/news/20090628/166030
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20090627-OYT8T01058.htm
■概略
バックス、赤字4000万円圧縮 経費抑制、収入微増
アイスホッケーHC日光アイスバックスは、08年度・経常収支が3865万の赤字と報告。
人件費・運営経費の削減やスポンサー・チケット収入が増え、4000万円赤字を減少させた。

総収入=1億385万(会費1145万・スポンサー5000万円、チケット1400万等)
総支出=1億4250万(07年度より約2250万減少)

一方、前運営会社からの引継負債が7000万円、選手の給与未払いも一部が続いている。
小林社長は「予想以上に厳しい2シーズンだったが、課題と優先順位が分かってきた。
スポンサー獲得等で厳しいが、多くの人に試合を見てもらうたい」とコメント。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤字が減少したようで、地道な努力が実ってきたという事でしょうか、
頑張って下さい。
まだまだ上を目指さなくてはならないでしょうが、
スポンサーも5000獲得して、他収入も増えていますよね。
選手もスタッフも頑張るしかない。



posted by sports777 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!