■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年06月06日

ディアボーイズ仙台、スポンサー獲得せよ

■ソース
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/06/20090601t14008.htm
■概略
Fリーグ入りへ着々 ディアボーイズ仙台
仙台市を中心に活動するフットサルチーム「ディアボーイズ仙台」が日本フットサルリーグ
(Fリーグ)参入を目指して体制づくりを本格化させている。
昨年2月、運営会社「フットサルインプレシオン」を設立しており、3年以内の実現を狙う。
所属する東北フットサルリーグ1部で現在4連覇中。
昨年まで5年連続出場の全日本フットサル選手権では2007年に8強入りしている。

これらの実績に加え、参入へ向け地域密着活動を展開。競技普及のため今年から
スポーツ少年団を対象に出前講座を実施。週1回、練習場が主催する教室でも選手が
講師を務めている。8月中旬に、チームが主催し選手が裏方となる大会を開く予定。

リーグで必要となる年間5000〜7000万円の運営費調達も課題の一つ。
選手兼運営会社社員の加藤は「競技の認知度が低くスポンサーが集まりにくい」と嘆くが
「今のメンバーを一人でも多く上の舞台でプレーさせたい」と夢を膨らませる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

競技認知度が低くてもスポンサーは獲れる!
やり方次第です、頑張ってスポンサーをGetして下さい。

東京「マテボスターズ」代表「のぶさん」のブログによると、
テニスコートをフットサルコートに変える動きがあり、
フットサル施設が増加傾向とのこと。
フットサル人口は100万人を超えるらしいですし。

競技人口が100万人に満たないマイナー競技はいくらでもありますし。
むしろ、他競技に比べて、スポンサーは獲りやすい類に入ります。
単にスポンサー依頼をするのではなく、
ターゲット企業のスポンサーメリットを良く配慮して、
戦略的なスポンサー依頼を行えば、必ず獲得はできるはず。
頑張ってほしいですね。
7000万・・・これから本格的スタートするクラブには相当でかく写るはず。
しかし、キチンと紐解いていけば、射程距離のはずです。

Get! Sports Sponsor!!!
頑張れ、ディアボーイズ仙台
posted by sports777 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!