■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年06月05日

関西プロチーム、ビジネスパートナー募集

■ソース
http://www.sankei-kansai.com/2009/06/05/20090605-010747.php
■概略
関西拠点のプロスポーツチーム7団体が、観客動員増加・ファン満足度向上に繋がる
サービスを中小企業から募集
する。
中小、ベンチャー企業を支援する大阪産業創造館のプロジェクト。
「ニーズ解決マッチング【ドラフト】〜プロスポーツチーム編〜」
と名付けられた試みは昨年11月にも実施され、174社から201件の提案があった。

 ・プロ野球「オリックス・バファローズ」
 ・Jリーグ「ヴィッセル神戸」「ガンバ大阪」「セレッソ大阪」
 ・bjリーグ「大阪エヴェッサ」
 ・フットサルFリーグ「シュライカー大阪」「デウソン神戸」

各チームが求める提案例は、
 ・オリックスが集客につながる斬新な告知やスポンサーメリット。
 ・セレッソが顧客データ収集と、データ有効活用→情報配信。


前回は、長期保存できる防災食のパッケージに選手写真をあしらったレトルト食品を
販売したシュライカーのケースなど、11件がサービスを開始。

エントリーは6月8〜26日まで受付、提案書の締切は7月24日。
各チームが求める詳細=http://www.sansokan.jp/draft/


同館によると、
プロスポーツチームは多様化するファンのニーズに応えて様々な取組みを行っている。
ある野球チームは「婚活シート」を設けたり、あるサッカーチームは選手が解き方を
アドバイスしてくれる「計算ドリル」を開発したりした。
同館は「今後も、中小企業の商機拡大に向けて、スポーツチームのみならず、
様々な業界にアプーチしてビジネスマッチング機会を創出
してまいります」と述べている。 

問合せ=同館経営革新支援プロジェクト(電話06・6264・9927)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

へえ〜、プロチームがチーム活性案を募集のようです。

かなり得意分野なので(それが仕事なので)、応募してみようかな?
スポンサーメリット、ファンメリット、チームメリット・・・色々できますよね。
しかし、企画戦略を専門としているプライドもあるので、応募という形は・・・・・微妙。
時間があれば・・・かな。

皆さんもアイデアがあれば提案してみては?
アマ選手が個人事業主として応募するのも有りでしょ。

posted by sports777 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!