■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年05月22日

東京モーターショー&モータースポーツ

東京モーターショー、ポルシェも出展辞退
東京モーターショー09】不参加メーカーリスト
  ◎参加・乗用車
   スズキ、ダイハツ、トヨタ、日産、富士重(スバル)、ホンダ、マツダ、三菱
   アルピナ、フェラーリ、ロータス、ヒュンダイ

  ×不参加・乗用車
   ポルシェ、マセラティ、GM(キャデラック、シボレー、ハマー)
   クライスラー(クライスラー、ジープ、ダッジ)、フォード、フォルクスワーゲン
   アウディ、BMW、ベンツ、スマート、プジョー、シトロエン、ルノー、フィアット
   アルファロメオ、ランボルギーニ、MINI、ジャガー、ランドローバー、ボルボ
   サーブ、光岡自動車
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今秋開催される第41回東京モーターショーが壊滅状態・・・
確かに現状の車メーカーの経営状況を見れば苦渋の決断もわかるが、
ここまでくるとモーターショーと言えない・・・かなりさびしいですね。

過去、モーターショーに関わっていた立場として、
又、モータースポーツ復活には、車文化の発展は密接な関係と説いていた立場として、
非常にさびしいです。

特に子供や学生が、免許を取ったらこんな車に乗りたいという思いは、
モータースポーツの入口になりますし、
年々入場者数が増加していたモーターショーにはかなり期待していました。
オートサロンも同様ですが。

モータースポーツ関係者は重く受け止めて、
何かしらの対策が始まる事を期待します。



posted by sports777 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。