■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年05月22日

「もったいない」ロゴ、スポンサーなく無償

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090519-00000042-maiall-soci
■概略
サッカーJ2 栃木SC、ユニホーム左袖に「もったいない」ロゴ スポンサーなく無償
宇都宮市・市長と、Jリーグ2部・栃木SCの新井賢太郎社長は18日、
栃木SCのユニホームの左袖に、同市が推進する「もったいない運動」のロゴマークを
つけると発表。24日の水戸ホーリーホック戦(県グリーンスタジアム)で披露される。

昨季までは栃木信用金庫のロゴがついていたが、今季は左袖にスポンサーがつかず、
「もったいない。これを活用しない手はない」(新井社長)と栃木SC側が、同市側に
打診し実現した。左袖のスポンサー料は年間4000万円程度だが、今回は無償という。

「地域貢献は我々の大きな目標の一つ。もったいない運動に協賛したいと考えた」と
新井社長。佐藤市長は「子供たちにとって良い環境の地球や宇都宮を守り、引き継ぐ
ことが大人の責任。もったいないの精神はこれからも大きくはぐくんでいきたい」と話した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地域貢献の為に、いい事ですが、
「もったいない」と考える所がもったいない。
4000のスポンサーがつかなければ、
2000や1000に割り引いてでも
スポンサーを引っ張る検討はしたのかな?

 

又、4000を無料にするが、物資やサービス面で
補填させて、時期をずらして一部資金を頂く等の検討はしたのかな?
契約面で色々できるはずですが。
地域貢献のブランド換算額が、2000以上、4000以上となる試算済みなら
それはそれでOKなのですが。
ちょっと、もったいない。

posted by sports777 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!