■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年05月16日

サーラ×ジュビロ=廃食用油回収エコ

■ソース
http://www.jsgoal.jp/official/00082000/00082461.html
■概略
サーラグループ×ジュビロ磐田 エコ活動「廃食用油(使用済てんぷら油)回収」
5月24日、ジュビロ磐田のホームゲームは「サーラグループマッチ」として、
サーラグループが取り組んでいるエコ活動に、ジュビロ磐田も参加。
★内容
オフィシャルスポンサーである「サーラグループ」では、地球温暖化防止と資源
循環型社会構築に貢献する取組として、廃食用油(使用済てんぷら油)から
バイオディーゼル燃料への再生リサイクル事業を展開されています。
家庭の「廃食用油(使用済てんぷら油)」を回収させていただきますので、
ご協力をお願いいたします。
★リサイクルの流れ
食用油→廃食用油(使用済てんぷら油)→バイオディーゼル燃料→CO2→
植物の光合成により植物が成長→食用油
※化石燃料である軽油の消費をおさえ、バイオディーゼル燃料を使用することは、CO2排出量
大量削減に大きく貢献します。それは、植物などの生物に由来する燃料を燃焼させるとCO2が
発生しますが、その植物は成長過程で光合成によりCO2を吸収しており、ライフサイクル全体で
みると大気中のCO2を増加させないという性質だからです。

★回収方法
500mlのペットボトルに入れてお持ち下さい。1本5円で買い取りし粗品を進呈します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーと選手(チーム)の、両者のブランディングに繋がります。
スポンサーニーズを満たし、選手サイドの価値を高めて、地域密着に寄与する・・・
良い例となります。
しかも、その方向性が環境保護という時代マッチするもの。
Socialブランド形成と、環境保護への実質的活動という観点からも大いに役立ちます。

エコやりましょう・・・・という啓蒙レベルではなく、実質的アクションが問われていますので、
スポーツ界・関係者は、競技問わず参考にしてほしいですね。



posted by sports777 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!