■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年04月12日

清水エスパルス、福祉基金

■ソース
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090411ddlk22050189000c.html
■概略
サッカー:J1・エスパルスが福祉基金 /静岡
◇ホームゲームのゴール数、入場者数に応じて積み立て

清水エスパルスの運営会社「エスパルス」は今季から、ホーム戦のゴール数、
入場者数に応じて福祉基金を積み立てる「GOALS for ALL」を始めた。
こうした取り組みはJ1チームで初めてといい、「チームの活躍をホームタウンの
発展や社会貢献に還元できる」と意気込んでいる。

基金のスポンサーは医療機器販売会社「協和医科器械」。
エスパルスに「サッカーを通じて地域社会に貢献したい」と提案。

対象は、J1のリーグ戦とヤマザキナビスコカップのホーム戦。
エスパルスがゴールを決めるたびに3万円、来場者1人あたり5円を加算する仕組み。
シーズン終了後に一括でスポンサーから受け取り、エスパルスが地元福祉団体など
へ寄付・寄贈する。

41得点し、来場者約33万人を集めた昨季にあてはめると、基金額は計約288万円になる。
今季はすでに終わった2試合だけで、21万2265円をためた計算だという。
エスパルスは「サポーターの応援が地域福祉に役立つ。ゴールを後押しすることも
チームの勝利とともに一層の福祉への貢献につながる」とPRしている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GOALS for ALL、頑張って下さい。
協和医科器械さんのCSRの一環ですね。
全てのチームが始めたら面白いですね。



posted by sports777 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。