■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年03月18日

WBA世界Sフライ級、初防衛戦TV中継なし

■ソース
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20090317-OHT1T00245.htm
■概略
名城、初防衛戦TV中継なし…WBA世界Sフライ級
プロボクシングWBA世界スーパーフライ級王者・名城信男(27)=六島=の
王座返り咲き後の初防衛戦(4月11日、大阪府立体育会館第1=報知新聞社後援)が、
地上波でテレビ放送されないことが17日、決まった。
読売テレビが不況の影響で難航していたスポンサー探しを打ち切り。
日本人王者の世界戦では異例の地上波ノーテレビマッチとなる。


名城は同級10位の冨山浩之介(25)=ワタナベ=と対戦。最低でも関西地区での中継を
予定していたが、直前に大口スポンサーが業績悪化を理由に降板。
読売テレビは日本ボクシングコミッション(JBC)に放映承認料(推定100万円)の値下げも
打診していたという。中山喜治JBC関西地区事務局長は「防衛戦で地上波がないのは
(05年8月、WBAミニマム級王座初防衛戦の)高山(勝成)以来では。
スポンサーさえ決まれば相談にも応じられたが…」と残念がっていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、このようなケースは増えるかもしれません。
この件は、直前にスポンサー降板という事故扱いなのかもしれませんが、
局の営業手法、連盟・協会(ここではJBC)のポジション、選手のスポンサー誘引力・・・
色々な要素や課題が絡んできますが、
この時期は、
見たい中継も見られない・・・というケースが増えてしまうかも。



posted by sports777 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。