■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年03月07日

トヨタ、JOC最高位スポンサー

■ソース
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030601001124.html
■概略
トヨタが最高位協賛社に  JOCに4年間で6億円

世界的な景気悪化で、ホンダF1撤退や日の野球部休部などスポーツ界への影響が
広がる自動車業界で、トヨタ自動車が日本オリンピック委員会(JOC)に2009年からの
4年間で総額6億円を支払う最高位の協賛社「ゴールドパートナー」として
契約する意向であることが6日、分かった。


JOCの新しい協賛社ビジネスで、レスリング女子の吉田沙保里(綜合警備保障)や
卓球女子の福原愛(ANA)らJOCのトップ選手の肖像権を使用できる。
トヨタ自動車広報部は「ゴールドで契約する方向で検討している。日本に軸足を置く企業として、
国民の関心が高い五輪の日本代表を応援することは意義がある。
高い露出効果と企業の好意度向上につなげたい」としている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

厳しい状況にあるトヨタですが、
やはり使うべき所に使う・・・
これまでに培った、広告費日本一の嗅覚があるのでしょう。
外需苦戦から、国内の支持・共感を更に上げる事で、
業績へ反映させなければなりませんが、
消費者にはあまり変り種しないように見えても、
内側はかなりの変革が起こっているはず。
広告費・協賛費の決裁も厳しくなっている中で、
スポーツ予算をどうにか維持して頂きたいものです。



posted by sports777 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。