■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年02月21日

DEEP40池本誠知、DREAMウェルターGPへ!

■ソース
http://www.dreamofficial.com/free/news/detail.php?id=1235145283
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20090220-00000019-spnavi-fight.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2009/2009022004/12.html
■概略
池本が門馬に快勝! DREAMウェルター級GPへ=DEEP
「DEEP 40 IMPACT」が20日、東京・後楽園ホールで行われた。
メーンでは「DREAMウェルター級GP出場決定戦」として、池本誠知vs.門馬秀貴の一戦が
04年1月以来でマッチメーク。試合は予想だにしない技で短期決着を見ることとなる。
試合は“蹴りの池本vs.パンチの門馬”といった様相を呈し始める。
池本は門馬に荒々しく踏みつけを見舞っていき、場内に好勝負の予感を生み出す。
グラウンドの門馬に立ち上がっての勝負を促すと、ロープ際に追い込んだところで左右の拳を
同時に突き出すダブルパンチをクリーンヒット。この思ってもない一発を直撃された門馬は崩れ落ち、
さらにヒザ、パウンドと追撃されて動きがストップ。1ラウンド、わずか1分42秒のTKOで池本が勝者
となり、DREAMウェルター級GPのチケットを手に入れた。

■DEEP「DEEP 40 IMPACT」
2月20日(金) 東京・後楽園ホール
<第10試合 DREAMウェルター級GP出場決定戦 76kg以下契約 5分3R>
○池本誠知(総合格闘技スタジオSTYLE)
(1R1分42秒 TKO)
●門馬秀貴(和術慧舟會A−3)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DEEP40、非常に面白かった。
前半は判定続きだったが、ラスト3試合はスカッとTKOが見れたので全体が引き締まった。
ALLIANCE・菊野克紀選手や、GRABAKA・福田力選手等、これから注目しなくては。
チョン・ブギョン選手の右目が心配ですね、大丈夫かな。

試合中にTKを目の前の席で見つけたので挨拶をしたかったのですが、
さすがに試合中でオーラを発していたので話はしませんでした。
DREAMの一部カード発表があったので、DREAM関係選手が結構きていましたね。
菊田選手や三崎選手の戦極勢の姿も多かったですねえ。
三崎選手のオーラは濃いですねえ、異様ですよ、さすがです。

そして、メインの池本vs門馬戦。
http://www.s-ikemoto.com/index.php
池本さんから試合前に、これまでにない仕上がりで絶好調ですから行けますと聞けたので
安心はしていましたが、やはり試合が始まれば心配心は増すものです。
ところが、そんな心配をしている暇もなく、1分台で快勝!
DREAMの切符が賭かっていたので、喜びも倍増しましたよ。

詳しい試合状況は上記のリンクを見て頂くとして・・・
その後、某所でSTYLE関係者と打ち上げへ!
裏話を色々聞けました。

加圧トレーニング等の成果もあって、近年稀に見る程の絶好調ぶりで、
門馬選手のハイスピードでも、スローモーションに見える程の
動体視力や心を装備していたようです。特に「気」が来てましたよ。

必殺ダブルパンチは意表をつく攻撃として、結構練習していたようですね。
このダブルパンチの名称を募集中とのことなので、
ブログ読者の皆さん、アイデアを送ってあげて下さい。

それと、これは池本誠知という人間を物語る話を聞けました。
例え勝っても、自分の喜びを前面に打ち出したコーナーポスト駆け上がり等はしないと。
池本選手は常にクールで落ち着いていて、
気合いを前に出す、いわゆる格闘家とは一線を画します。
格闘家と知らない人は、普通に優しい柔和な人という感じを受けるでしょう。
そこにはやはり武士道がありました。
試合後に喜びを爆発させる前に、相手へのリスペクトが優先して、喜びを表現したくないと。
池本さんらしい考え方です。共感します。
(紳士な門馬選手ももちろんリスペクトします)

又、今回のDREAM査定試合の勝利を喜んでいません、
DREAM活躍への通過点であると。
相当冷静にこの先を戦略立てていました。

ジム生徒さん達の中にも、今後相当強い選手が育っている事も聞けて、
又、格闘技&加圧スタジオの経営も順調で、
格闘家というより、人としての池本選手を応援していきたいと思います。
池本さんのような思考回路の選手は、かなり貴重なはず。
ファンというよりも、応援というよりも、支援する人間が集まるわけです。
取り巻く大阪の方々も、柔和でいい人が揃っています。

色々話せて良かった。
こちらも久しぶりの喜びで、結局朝まで呑んでしまいました。
(大阪チームは3時位に上がったのかな?ホテルで呑んだのかな?)
とにかく、門馬選手の東京応援がほとんどというアウェイの中で、
よくぞ、スッキリ決めてくれました。
最高!酒がうまい!

今後は・・・
これまでマッハ選手を狙っていましたが、
照準を青木選手に変えたようですね。
(試合後の青木選手のマイク、あれはまずいでしょ)

池本誠知、DREAMウェルターGP確定おめでとう!
次はGPで、いい酒呑ませて下さい!



池本誠知1.jpg
応援に熱が入ってしまい、試合中の写真はいいカットが全く撮れず・・・
佐伯代表の後頭部が・・・(また御太りになったのかな?)
池本誠知2.jpg
そういえば二人で撮らせてもらった写真がないなあと気付き、
池本さん、たまには写真撮らせてよという事で一ファンとなり・・・


■ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/4027838/
ダブルパンチが話題となってきましたが、
「ライオンなど動物の動きを取り入れたクリーチャートレーニング」というワードも
メディアに掲載されるようになりましたね。
池本選手のトレーナー:田中先生・・・ http://www.kubira.jp/

■ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/4028614/
DREAMウェルター級GPの出場権を獲得して、2冠獲り目標!
試合後の「門馬選手の分まで頑張りたい」との言葉に池本さんらしさが表れています。

■ソース
http://gbring.com/sokuho/result/result2009_02/0220_deep.htm
さすがGBR、試合の流れが詳しい。
北側席でモニターが背面だったので、フィニッシュが見えなかったのですが、
その内Youtube辺りでサムライのVが見られるかな?
posted by sports777 at 14:55| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援お疲れ様でした。
勝利の美酒はさぞ美味しかったでしょう!
試合のビデオは明日ジムでみんなと観ますが、青木選手のマイクパフォーマンスはSTYLE勢怒ってましたね。
Posted by トモロー at 2009年02月22日 09:10
トモローさんを打上げで探しましたよ(笑)
北側席でモニターが背面だった為に、
フィニッシュが見えなかったのですが、
何とダブルパンチ???
試合後の御話では、
有り得ない攻撃で意表をついたとの事ですが、
まだまだ他にも温存しているようですね。
DREAMウェルターでチェックしましょう!
Posted by sports777 at 2009年02月22日 18:27
池本選手やりましたね!

戦前は若干門馬選手有利の声が多かったようです(まぁリベンジマッチってそんなもんですよね)。しかしここまで圧勝するとは。

青木選手の発言は?ですね(笑)
マッハ選手も言ってましたが、最近の青木選手の発言は何かヤケクソ気味な気がします。

ともあれ、ウェルター級も盛り上がりそうですね。非常に楽しみです。
Posted by マル at 2009年02月22日 18:59
マルさん、
会場はやはり門馬選手の和術慧舟會・応援団が多くて、
完全なアウェイでしたが、やりましたね。
ダブルパンチというのが面白い。いや、凄い。

他の選手が煽る言い方をするならわかりますが、
青木選手は大黒柱として、もっと違う表現の仕方があると思うのですよねえ。
タレントになってきちゃったのかな?
Posted by sports777 at 2009年02月22日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!