■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年01月16日

パナソニック、F1スポンサーを3年間延長

■ソース
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/090116/27130.html
■概略
パナソニック、トヨタF1チームのタイトルスポンサーを継続・2012年まで3年間延長
パナソニックとトヨタは15日、パナソニックがトヨタF1チームの
タイトルスポンサーを継続することで合意し、契約を締結したと発表。
タイトルスポンサー契約は2009年末までだったが、今回の契約更新に
より2012年まで3年間延長される。

トヨタ専務取締役兼パナソニック・トヨタ・レーシングチーム代表の
山科忠氏は、「この大変厳しい経済状況の中、パナソニック株式会社様
にタイトルスポンサーを継続いただけた事に、心より感謝申し上げます。
今年は、念願の初優勝に向け更なる努力を重ね、パナソニック様の
ご厚意に報いられるようにしたいと思っております」とコメント。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暗いスポーツスポンサー事情が続く中での光明。
パナソニック自身も、
2008年10月に「松下電器産業梶vから「パナソニック梶vに
社名変更したので、改めて社名ブランディングを充実させる必要が
あるので、狙いが一致ですね。
これまでのロゴ露出と意味が異なりますからね。

ホンダ撤退の中で、トヨタにはTOPを目指す社会的使命があります。
頑張って下さい。

posted by sports777 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!