■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年10月25日

ハンドボール・ジュニアアカデミー開校

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081024-00000205-jij-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081024-00000012-maip-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081024-00000563-san-spo
■概略
日本ハンドボール協会が将来の日本代表選手育成を目指して
設立した「ジュニアアカデミー」の開始式が24日、
ナショナルトレーニングセンターで行われた。
15−22歳の主に高校、大学の有望選手が対象で、
第1期生は「身長の高さ」を重視して選出された56人。
月1度のペースで4−7日間のプログラムが実施され、
技術、トレーニング方法の習得に加え、語学力アップも目指す。
日本のハンドボールの五輪出場は1988年ソウル大会が最後。
同協会常務理事で日本オリンピック委員会専任コーチの田中茂氏は
「危機感の中で生まれた事業。個人能力を磨き、強い集団にしたい」
と話した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このような協会主導の動きは、どのマイナー競技でも行うべき。
そして、このような動きに資金をつける動きを協会が率先するべき。
(その資金調達法が問われますが)

以前の日記で、ソフトボールの五輪資金が一気にダウンしたという
ニュースを取上げましたが、
JOC等に依存しなくても良い、安定事業収入を確立して、
未来の選手に投資して頂きたいものです。

基本的な動きとしては、良い傾向ですよね。
他のマイナー競技団体の役員は、こう言うのでは?
「資金があれば、その程度、うちの競技でもやるよ」と。

こういう思考の方には、こう言い返したいです。
資金が無ければ何もスタートしないのか?
資金調達の最大限努力はしたのか?
その努力は、他競技と比較しても、勝っている努力なのか?
その努力は、資金調達レベルとして、高い次元で試したのか?

私の知る某競技の協会役員も、金がないと常に漏らしています。
その割には、全く資金調達の努力をしていませんでした。
(少しヒントを出して、少しは動き始めましたが)

今週のテレビ朝日「サンデープロジェクト」でも、
行政スポーツ=箱物スポーツの怠慢という話題を取上げていました。
箱物に国の予算をつけて建設したものの、
オペレーションがうまくいかずに赤字の積み重ねだと。
国の税金使いがレベルが低いのは当然の事、
そもそも国の金に依存している現場の方々にも問題があるのでは?

少しスポーツとは話がずれますが、
各種競技の協会・連盟役員の方が読んで頂いている事を
想定して話しますと、
日本にも各種テーマのNPOがありますが、
日本のNPOの収入源は、寄付収入が大半。
いや大半どころではない、ほとんどがそれと言えるはず。
一方、チャリティー先進国のUSAでは、
チャリティー精神が日本の何倍も根付いているからこその
寄付収入もありますが、事業収入がメインという事。

降って湧いてくる税金等に頼らず、民間(個人・法人共)の
横の連携を作り、自ら収入源となるコンテンツを育て、
自己収入でオペレーションしようとする努力。
マクロ的に見れば、そのような事が言えます。

スポーツに当てはめて考えれば、
各競技の協会・連盟もNPOに等しい。
JOCからの強化資金に期待したり、
国のスポーツ施設建設に期待したり、
獲得できればラッキー程度のスポンサー依頼をするのではなく、
自ら事業収入を主収入にする位の動きがほしいですよね。

興行収入以外に肖像権ビジネスもできるはずですし、
何よりも、競技者というマーケットを仕切れる立場にありながら、
そのマーケットを動かしていないという所が問題です。
これがスポーツでなく、ビジネスであれば、
マーケットを育て、築いた市場でフルビジネスを仕掛けるのは
当然であり、そこで利益追求を行ないます。
スポーツはビジネスとは違う・・・、確かにその通りです。

しかしながら、何の施策も打たずに、競技が衰退していくよりも、
少しでも自己努力すれば、その競技ファンは必ずついて来るはず。
競技ファンのニーズとウオンツに応えられるものを打ち出せば良い。
個人主観ですが、私はこのように考えます。

アマチュア精神に反する?
今、アマチュアとプロの違いは何なのでしょうか?
アマチュアの最大大会であったはずの五輪が、あの状態です。
スポーツ利権の頂点ですよ。
そのような机上の話をしているよりも重要な事は、
1日でも早く、競技普及を達成する。
ただそれだけのはず。
協会・連盟のミッションは、現役競技者のレベルを向上させるのは
もちろんの事、そのファンを拡大する。
その為には、非常勤ではなく、できる専任役員が必須。
専任役員を置く為には資金が必要。
資金調達するには、事業収入を増大させる事。
事業収入を増大させるには、戦略的な計画と実行が必要。
戦略的な動きを実践するには、
広告代理店マンや、銀行マン・会計士等の資金作りの知識がある者、
又、弁護士やプランナー、又、政治家といったネットワーカー等の
協力が必要・・・・・
突き詰めていけば、対応策はいくらでも出てくるはず。

ハンドボールをタイトルにしましたが、
別にハンドボールだけに対して言っているのではありません。
様々なマイナー競技団体に、成功して頂く為に言っているだけ。

・・・・・
ハンドボール経験者で応援者という立場から、
ハンドボールだけに着目して考えれば、

http://www.handball.jp/jha/2008jigyokeikaku.pdf
例えば、ここに事業計画がありますが、
他のマイナー競技よりもしっかりしているものの、
突っ込ませて頂くと、「具体的行動」が見えない。
無論、全てを公開していないのでしょうが、
肝心なのは「基本方針」「重点施策」ではなく、
その下の具体的な「戦術」です。

企業ビジネスであれば、経営陣が戦略を決めて、
現場の意見を吸い上げながら、具体的な戦術を決める。
予測値を数値化して、締切日を設ける。
それが達成できなければ、経営者は責任を取って退陣。

戦術まで公開したくないのもわかりますが、
ちょっと心配になります。
・10万人会はどのような拡大戦略でいつ達成されるのか
・サポート会員へのサービスとは何か?それは魅力的か?
・マーケティング専門事務局員はプロか?何人置くのか?
・協賛企業の拡大はどのようにするのか?何社獲るのか?獲れるのか?
・マーケティング収入¥2500万の、シミュレーション値は正確か?
・マーケティング外部メンバーをフル参戦させる工夫をしているか?
・協会CSRの環境保護とは何をするのか?地球に寄与する内容か?
・メディア対策は、広告代理店とネゴができているのか?
・普及活動の具体的活動は何か?
・財務会計は、後処理型でなく、企画型の会計士を取り入れているか?
・協会HPはこれで完璧なのか?
・広報はPR戦略を持っているのか?PR会社を味方につけているか?
・機関紙は、競技関係者以外にどう波及させるのか?
・・・・・
言い出したらキリがないですが、
無論、バックデータは取っているはずなので、
問合わせすれば全て答えてもらえるのでしょうが、心配になります。

せっかく五輪再戦で世間の目が向いたのですから、
それを利用しない手はありません。
宮崎選手の個人努力もありますが、
もっと全体的な動きを見たいですよね。

どうにか競技人口を増やし、根付かせてほしいものです。
ガンバレ、ハンドボール!!!









posted by sports777 at 16:19| Comment(6) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。やり方はいくらでもあるはずです。
学校スポーツからの脱却をしてほしいものです。

日本のスポーツ文化は学校スポーツ。
まだスポーツビジネス文化は日本にはない。
今、企業はスポーツを一つのビジネスチャンスを捉えています。
協会にチカラがなければ、そのチャンス(お金)は協会ではなく、企業に行くでしょう。

今、ビジネス感覚を持つ人材が必要ですね。
Posted by つじむら at 2008年12月11日 13:32
つじむらさんに同感です。
ハンドボールの方ですか?
(スミマセン、勝手にもの申しまして、
 ただ、元ハンドボーラーなので、
 愛するが故です。サッカーより、
 ハンドの方が格好良いと思うのですが、
 少数意見なのでしょうね。)
Posted by sports777 at 2008年12月11日 13:53
私もハンドボールに成長させてもらいました。
少しでも恩返しが出来るように現在活動しています。
sports777さんのような方がハンドボール界に協力して頂ければ、ハンドボール界も良い方向に行くと思います。
どこかでお会いできると良いですね。
Posted by つじむら at 2008年12月12日 12:56
「新しいハンドをデザインする・・・」
いいですねえ。
つじむらさんのような理事が多くなれば、必ず変わります!
現在は各競技選手をサポートしているのですが、
ハンドという競技自体には関わってみたいですね。
口だけでなく実行してみたいですよ。
いつかお会いしましょう!
大阪発の変革で、本体を変えて頂きたいです。

八日市は確か相当強かったのですよね?
Posted by sports777 at 2008年12月12日 17:03
八日市はそうでもありませんよ。

本当にハンドボールを変えないといけないと思い、起業しました。
ココで細かい話しは出来ませんが、新しいことを提案し、カタチを作っていきたいと思っています。

私は大阪ですが、東京に行く際にはご連絡させて頂きます。
これからもブログ楽しみにしています。
Posted by つじむら at 2008年12月13日 13:56
つじむらさん、
でも県選抜ですよね、凄い。

ハンドで起業される方は珍しいですよね。
そういうゼロスタート、ベンチャー的な
ものは私も好きなので、応援させて頂きます。
そうですね、東京に来られた場合は是非。
(今の所、大阪出張の予定がないので)
Posted by sports777 at 2008年12月13日 14:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!