■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月20日

モータースポーツ独特のスポンサーシップ@(mixiコミュより引越し)

≪080804≫
■ソース(2006年記事・出典)
http://ghostrider.tblog.jp/?eid=79820
■概要
非常に参考となる「ghostrider」さんのブログを
取上げさせて頂きます。
(コンタクト欄がないので、本人確認を取らなかったけど、
大丈夫かな?)

 ・モータースポーツは、スポンサーの必要性は他の競技より
  圧倒的に高い一方で、スポンサーシップに名乗りを上げる
  企業は他競技より文句なしに少ない。

 ・マイナースポーツの支援体制がお粗末で、競技者が競技に
  専念できずに競技を断念したり、「広告塔」としての利用
  価値のなくなった競技者をスポンサーが切り捨てる事例が顕著。
 ・F−1のように「TVメディアに露出する」となれば、
  広告宣伝効果を認めてスポンサーになる企業も出てくるが、
  TVを含めたマスメディアへの露出の少ない他のモーター
  スポーツカテゴリーだと、状況は絶望的。

 ・スポンサー獲得のために「企画書」を書けと言われても、
  そんなことできないと言うドライバー/ライダーがほとんどだと
  言うのも、この手のスポンサー問題をより複雑にしています。

  お金を出してもらう以上、活動方針や目標成績などをきちんと
  企画書にした上で提出し、納得してもらわなければ
  (特に企業は)、お金を出してくれないのは当たり前。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

耳の痛い話かもしれませんが、
こういう状況を踏まえて、打開策を考える必要があると思います。
ちなみに、スポンサーマッチングサイトは、日本でもできています。
http://sponsearch.net/

名著、キース・コードの「ハイスピードライディング」で
スポンサー関連の記述があるという事で、私も以前購入しました。


posted by sports777 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。