■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月20日

スポンサーとのマッチング@(mixiコミュより引越し)

≪080726≫
■ソース
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/10/018/
■概略
「日本HP、伊達公子氏とスポンサー契約を締結。
 合意の理由は"意外な共通点。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまでトピックで、何度か書いたと思うのですが、
選手とスポンサーの間には、
何かしらのコンセプトのマッチングがポイント
になります。

皆さんは、アプローチ先を決める時に、どんな理由で選別しますか?
儲かっていそうだから?
有名だから?
社長がいい人だから?
・・・・・

上の記事のように、何かしらのコンセプトを事前に考えて、
それに則したスポンサー候補社を選抜していった方が、
説得力が出ますよね。

確かに、紹介者が紹介してくれた会社だから人脈優先でとか、
近所に本社があるからとか・・・・
ノーコンセプトの場合もあるでしょう。

それでも、結果的にスポンサーをGETできてしまえば、
何も問題ないのですが、
別トピックで、
「環境キーワード」も視野に入れてはどうかと書きましたが、
これも1コンセプトですよね。
自分も環境に気を遣う、スポンサーも環境に力を入れているといった
共通コンセプトがあれば、プレゼンの時に説得力が出ます。
説得力が出れば、成約率も上がります。


やはり、選手とスポンサーにも相性というものがありまして、
いや、その前に、競技種類とスポンサーの事業内容の相性ですかね。
その辺りにコンセプトがあった方が、マッチングがうまく行きます。

2輪レーサーが、車ディーラーに依頼してもミスマッチですし、
スキー選手が、夏のTシャツメーカーに依頼してもミスマッチですし、
ゲートボール選手が、若年アパレルに依頼してもミスマッチですし。

競技種類・長所・人柄・本業等、何でもいいですから自分の事と、
事業内容・社風・社長信念等、何でもいいからスポンサーの事を 、
うまくマッチングさせるコンセプトを持って臨んだ方が、
獲得に向けて有利だと思いますよ。
posted by sports777 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!