■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月20日

スポンサーシップ・アクティベーション@(mixiコミュより引越し)

海外.jpg

≪080724≫
日記コメントの方でも書いたのですが、
「スポンサーシップ・アクティベーション
(Sponsorship Activation)」
・・・聞いた事がありますか?

この概念は、今やUSAプロスポーツでは、
当たり前の世界になりつつあるらしいのですが、
日本のプロスポーツも、これが問われるのは時間の問題と思います。
日本の広告代理店やスポーツマネジメント会社も、
既に重視している社があると思いますが、
近未来にもっともっと普及するでしょうね。

アマチュアに関係大有りです。
プロ以上に、
アマチュアこそ、「スポンサーシップ・アクティベーション」を
重視するべきだからです。


近未来にプロの間で、
「スポンサーシップ・アクティベーション」が100%常識化したら、
アマチュアは、
「社名ロゴを貼りますので協賛して下さい」と依頼する事が
全く通用しなくなってしまいます。


だからこそ、プロより先に、
アマチュアが「スポンサーシップ・アクティベーション」に
気を使うべきだと思います。

スポンサーシップ・アクティベーション」とは、
簡単に言えば、純粋なスポンサーシップ契約後の、
スポンサーシップの活用・特典みたいなもので、
いかにスポンサー企業が、そのスポンサーシップを使って、
自社の販促や顧客拡大や売上向上に結び付けるプログラムを行うか。
超ラフな説明ですが。

アマチュア選手は、
「スポンサーシップ・アクティベーション」をメインの
スポンサーメリットに設定するような考え方が良いでしょうね。


検索すると、色々出てきますから、
Google・yahooでどうぞチェックしてみて下さい。
USAの事例しか出てこないかな?
posted by sports777 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!