■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月20日

そろそろ来年契約の交渉時期@(mixiコミュより引越し)

名刺交換.jpg

≪080721≫
スポーツスポンサーシップは、アマチュアもプロ同様に、
1年更新が多いですから、来期スタートが、
来年1月、又は来年4月という方が多いはずです。

スポンサー営業を開始していますか?
1月スタートならば、年内に契約しなければならない為、
既にスポンサー営業を始めていますよね。
4月スタートの方は、この7,8月中に準備や企画書作成を行って、
9月からプレゼン開始ですかね。

皆さん、御存知の通り、
スポンサー営業は早い者勝ち的な面がありますから、
ライバルより1歩も2歩も早く動いた方が有利ですよね。


100万程度なら企業によって決済が容易な所もありますが、
モータースポーツ系で、最低数百万、プロに近いクラスで、
1本単位の協賛金を要する選手は、
特に早い者勝ち的な状況になりますよね。
それ程の単位になると、決済に時間が掛かりますし、
又、その額を出せる企業も限定されますから、
依頼者が集中してしまいます。


当然、2人が依頼すれば確率は1/2になりますし、
3人が依頼すれば確率は1/3になってしまいます。
人気企業になれば、アマからプロまで、
かなりの依頼が集中してしまいます。
当然、アマのチャンスは減ります。

ですから、人気のある大手(資金に余裕がある企業)ではなく、
あまり注目されていなくても、資金に余裕がある企業を狙って、
しかも、相当早い段階でアプローチする。
これがアマチュアの場合、鉄則ですよね。


スポンサー営業は1年中行うものですが、
特に7・8月は、来年交渉時期として重要な時期ですから、
皆さん、
暑い中で、ネクタイ締めて大変だと思いますが、頑張って下さい。

多くの現役プロも、アマ時代は資金調達に困惑して、
皆さんと同じ苦労を経験してきた後に、今のプロの地位があるので、
競技テクニックのみではなく、
スポンサー営業もしっかりしておかないと。

誰だか忘れましたけど(2輪レーサー?)、
プロ選手がこう言っていました。
「スポンサー獲得もスポーツ能力(テクニック)の一つ」と。
posted by sports777 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!