■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月20日

スポンサーへの気遣い(mixiコミュより引越し)

≪080726≫
■ソース
http://www.cyzo.com/2008/05/post_544.html
http://www.cyzo.com/2008/05/post_567.html
■内容
「一流選手を金で買う大企業
 虚飾のスポーツブランド戦争(前編+後編)」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロTOP選手の、スポンサーとの関係が少し読み取れます。
ちょっと注目するべき点は・・・・
競技から外れて、
取材時でもスポンサーロゴのウェアに着替えるとか、
プロは常日頃からスポンサー企業への気遣い
をしています。
まあ、そういった事は全て契約事項で決まっていると
言われればそれまでなのですが。

アマチュアが見習うべき事は、気遣いという所です。
スポンサーメリットさえ達成すれば良いというものでもなくて、
それ以上に、
スポンサーのお得感(メリット)を作ろうとする気持ちが大事です。
そういう気持ちがあれば、
2年目・3年目の更新時に協賛金額UPも期待できますし。

スポンサーが飲料メーカーならば、
できるだけそのメーカーの飲み物を買い、
新商品が出れば知人に薦める。
飲んだ感想をブログで発表する。

スポンサーが歯医者ならば、
歯医者情報レビューサイトで、
○○歯医者は凄くいいと口コミを広げる。

スポンサーが美容室ならば、
スタッフが駅前で配布している割引券を多めにもらって、
自分の友人・知人に配る。

このように、
競技以外の場面でも、スポンサーへの気遣いは重要になります。

これは選手でなく、広告代理店マンの例なのですが、
あるトライアスロン大会で、某飲料メーカー企業が
パーソナルスポンサー契約をしている選手が
TOPクラスで海から上がってきました。
その周辺にはテレビ報道カメラが数台、
新聞社・専門誌カメラマンもいました。
広告代理店マンはすぐさま選手に駆け寄り、
カメラに撮られる前に、大きなバスタオルをかけました。
トライアスロンのウェットスーツにもスポンサーロゴが
貼ってあったのですが、
広告代理店マンは、バスタオルのロゴの方が大きいと判断して、
そのような対応をしたのです。
後日、映像や写真を見ると、他の選手はウェットのままなので、
社名ロゴはほとんど見えず、バスタオルのロゴはデカデカと
掲載されて、1位の選手以上に露出効果を得たという話です。

まあ、これは気遣いというよりも、
代理店マンの一仕事ではあるのですが、
いかにスポンサー企業を露出させるかという点では、
常に頭を使っています。

プロは広告代理店マンやマネジメント会社社員に
任せておけばいいのですが、
アマチュアは自分で考えなくてはなりません。
こういう気遣いは、スポンサーは、
よーーーーーーーーく、見ているものです。
その後の対応が、良い方向に変わってきますよ。

アマチュア選手の皆さんも、競技に関係ない日常生活でも、
スポンサーへの気遣いを考えた方がいいですよ。
それを、正規のスポンサーメリットとして打ち出せますから。

例えば、競技ウェアに社名ロゴを貼る・・・
そのウェアは競技場でしか見られません。
では最初の契約時に、
日常生活で着るブルゾンやTシャツにも全てスポンサーロゴを
入れますと契約したらどうなるでしょう。
社名ロゴの視認人数を増やす事ができますよね。

大会競技観客数が年10万人とします。
これでは広告効果があまりに低いとします。
しかし、極端な例ですが、365日、
常にスポンサーロゴのウェアを着る事で、
視認人数が100万人になったとします。
競技場だけの視認人数から10倍の視認=露出効果を
アピールする事ができます。

これは例に過ぎませんが、
考え方だけ頭の片隅に入れておいて下さい。
スポンサーへの気遣いをキチンと考えれば、
結果的に、
それをスポンサーメリットの効果・計算式
入れ込む事も可能となります。


posted by sports777 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。