■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月18日

育成モチベーション(mixi日記より引越し)

≪080903≫
■ソース
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=595966&media_id=2

■概略
五輪で金メダル獲得の北島康介選手(日本コカ・コーラ)を育てた
平井コーチにも、水泳連盟から報奨金100万円


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連盟さん、コーチ100万は少なすぎますよ。
北島選手は、CM等の他収入が今後増えますが、
コーチは、スイミングクラブのコーチ業収入+100万ですよね?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カヌー選手:G氏より

「ですよね。
指導者の力というのはとても大切なものです。
お金ではないと思いますが、
引退後指導者を目指すという立場の人を
大切にしていかなければならない。
カヌー界も、今は引退後なかなか道がありません。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

G様 from sports777

マイナーと言っては失礼ですが、
マイナー競技程に、それらは如実に表れますよね。

メダリストを育てたという看板の元に商売ができても、
やはり業界というか、市場がないとコーチは食べていけませんし。
育成者をないがしろにしちゃ、後が育ちませんよね。

水泳の場合は、何だかんだ言っても、全国にクラブは多いですし、
世界選手権の全国ネット放送もありますし、
大口スポンサーもついています。
競泳は完全スポーツですが、スポーツ1歩手前の健康や美容面での
底辺スイマーもたくさんいるので、
競技人口増大のチャンスに溢れています。

カヌーも、選手はもちろん、
協会がもっとパワーアップし、競技普及を進め、
引退選手に生涯関われるような環境を整備
するような動きがほしい所ですよね。

やはり最終的には、競技普及という所に話が戻ってしまいます。
posted by sports777 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!