■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2014年01月06日

サッカー「福田正博氏」と「戸塚啓氏」の間に、「サーフィン 高橋みなと」が食い込む!?

mob高橋.jpg

http://www.athleteyell.jp/takahashi_minato/
プロサーファー高橋みなと20歳、
ジュニアクラスで頭角を現し、今はシニアと戦い、
世界に通用する可能性が高いが故に、次世代サーファーとして注目されている選手。

その可愛さから、男性ファンが非常に多く、
企業CMやメディア出演も既にこなしており、オファーも多い。
無論、可愛さだけでは無く、強さを持っています。
拠点の仙台で3.11を受け、復興に向けた気持ちから精神も強化されている。
更に、高橋みなとは、
20歳の若さながら、そして就労経験が無いにも関わらず、社会性を持っている。

私のようなオジサンは、通常、20歳の女子と会話できませんよ・・・
(会話に付いていけないであろう事は容易に想像できるでしょう)
ところが、高橋みなと選手は、そうだなあ、厳格な家庭に育ったんだろうなあ、
気遣いもできるし、基本的に大人対応と言いますか、
社会(企業)に推薦して、何ら支障の無い、コミュニケーション性。
(これは、簡単そうで簡単ではない事。
 五輪選手でも実業団選手でもできない子が多いですから。)

よって、こういう選手に、企業協賛が集まるべきなんですよね。
TV露出やら、五輪どうこう以上に、企業も投資先(選手)を良く見るべきです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、前置きが長くなりましたが、ここから、高橋みなとニュース!

確obcastさんが新しくスタートする有料メルマガ配信「モブマガ」。
サッカーゲームが主のmobcastさんですから、
著者の2名が、「@サッカー解説者・福田正博氏」、「Aサッカージャーナリスト・戸塚啓氏」。
ここは順当なキャスティング。
そして、なんと「B日本代表サーファー・高橋みなと」が選抜されちゃいました。

350万人のmobcast会員に向けて、これは大抜擢と言えます。
是非、高橋みなと選手を応援する為にも、購読を御願いできれば幸いです。
(無論、購読料金が本人の競技資金となりますので)
※申込み:http://mag.mobcast.jp/ =PC用では無く、スマホ用URL





以下、リリース引用
////////////////////////////////////////////////////
概要
////////////////////////////////////////////////////

・主管=潟cuキャスト http://mobcast.co.jp/
・サービス名=モブマガ http://mag.mobcast.jp/ (注)スマホ用URL
・サービス内容=月額有料メルマガ配信(スマホ向けHTML配信)
           @プロサーファー・高橋みなと
            「いつも真っ黒!心は純白サーファー」
            原則、毎週火曜配信(月4回固定)月額¥400(税込¥420)
           Aサッカー解説者・福田正博
            「欧州サッカー最前線」
            原則、毎週木曜配信(月4回固定)月額¥500(税込¥525)
           Bサッカージャーナリスト・戸塚啓
            「戸塚啓の異論?新論?フットボール談義」
            原則、毎週金曜配信(月4回固定)月額¥500(税込¥525)

・サービス特長=@限定記事
            ブログ等では語られていない、モブマガでしか読めない内容。
           A質問受付
            どうしても質問したい事に、執筆者が回答。
           Bバックナンバー閲覧可能
            月途中から購読開始しても、その月と前月のバックナンバーが読めます。
           C初月限定、SG(ゲーム通貨)プレゼント
            モブキャスト内の”モバサカ”で使用できるゲーム通貨をプレゼント。

・配信開始日=2014年1月7日予約受付
・購読予約日=2013年12月27日〜予約受付中
・購読方法=購読するには、モブキャスト会員登録を要します。
        http://mag.mobcast.jp/ (こちらからアカウント取得)

特典@=初回初月のみ、ゲーム通貨プレゼントが付きます。
       高橋みなと購読者は、
       ゲーム通貨300SG(1SG=1円)が付きますので、
       初回初月は、“モバサカ”を遊んで頂く事を前提としますと、
       月額¥420(税込)−300SG=実質¥120で購読可能
特典A=高橋みなと購読者には、
       サインやサーフTシャツのプレゼント企画を予定。


※高橋みなとprofile
http://www.athleteyell.jp/takahashi_minato/
1993年8月9日、宮城県仙台市生まれ。
2011年、JPSA千葉オープン4位で、プロ資格を取得。
2013年8月には「ASP Go Pro junior」を制し、
自身3度目の「World Jr. Championship(ブラジル)」出場権を獲得。
仙台新港を拠点に、国内外で各種大会に出場している。


posted by sports777 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

様々な所に、アスリート変革のヒントは落ちている。気付かずか、発見・行動するかは人次第。

■ソース(2014年1月2日BLOGOS永江一石氏)
http://blogos.com/article/77146/
http://www.landerblue.co.jp/blog/
■概要
2014年正月にいまさら確信した、こんな業界と職種がめちゃくちゃヤバイ

1.間違いなく着物業界はヤバイ。着付け教室もヤバイ。礼服屋もめちゃヤバイ
2.冠婚葬祭業界も格安除いてヤバイ
3.お中元、お歳暮も無くなってきているのでデパートはヤバイ
4.年賀状も無くなってきているので日本郵政もヤバイ
5.神社仏閣もヤバイ
6.冠婚葬祭のライターさんも先生もヤバイ
※どうやって生き残るか?
顧客視点を考えて「いかにお客さんが楽しめるイベントに変化させられるか」を考えたほうがいいと思う次第です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年、明けましておめでとうございます。
便利なfacebookを使う程に、当ブログが疎かになりまして、
特に、広告収入やアフィリなどを求めていない当ブログも、
新たな方向性を持たないといけないな、と感ずる3が日でございます。

さて、1月3日、久しぶりにブログを書いてみようかと、きっかけを頂いたのが
上記、永江氏ブログです。
スポーツと全く関係ありませんが、そこに通ずるなと思い、引用させて頂きます。

・・・・・
@まず、話題への直接的な見解・・・
全く同感であり、特に、2と5は10年以上前からヤバイと感じています。
それはビジネス視点以上に、人の生き方とか進化とか、宗教も絡まった視点で、
危険と感じます。

デジタルな時代が進む程に、無宗教者や中長期思考者が減るように感じた。
これは統計データでは無いので、個人の「感じた」程度だったが、
宗教観に関して言えば、家族が分散して生きるのが普通となった現代、
親戚関係は薄れ、いざとなれば仏に祈る者も無宗教を語る者が増え、
人対人の面倒な関係を避ける人も多くなって当然の時代・・・
日本国では、宗教も文化も風習も、今後更に衰退するのかな、と
懸念せざるを得ない気持ちを持ったのが2000年前後であった。
それが悪いとは言えない、メリットもデメリットもあるはず。

自分自身の周辺からは、
父が亡くなった際に、仏壇と御墓を新設した時に、非常に疑問を感じた。
この2つは、古くから家庭に関与し、先祖を敬う場と時である。
しかしながら、非常に単純な疑問として、坊主に尋ねた。
魂は1つのはず、では、魂はこの2つの場を何故行き来するのか?
場所という概念が無いなら、何故、2ヵ所が必要なのか?と。
厳密な話をすれば、御骨を仏壇に納められないから当然の事なのだが、
過去からの信仰を、
超・天邪鬼な自分にも納得させてほしい、という意味も込めて聞き入った・・・
(仏教上の答えなら、仏教を勉強すれば簡単に判る。では、仏教を学んでいない者に、
 どう納得させるのか?マーケティング視点からも、この質問に意味を込めた。)

その返答は、全く納得できるものでは無かった・・・・

ああ、これじゃ若者は宗教から離れるな、祭事・風習・思想も変化を止められないなと。
別に、古くからの慣わしを否定しているのではなく、
(自分だって無宗教を語りながらも、当然、先祖は敬うし。
 先祖無くして自分は無いし。そこに歴史が存在するし。)
そこへの思考・手法が大きく変わるな、と受け止めざるを得なかった。

この考えの派生に、着物・仏具・墓・冠婚葬祭、
更には、2極分化の時代に相まって、中元・歳暮・年賀状なども衰退するなと。
永江氏のブログに同感です。

このような流れが確実にある中で、
無論、残すべき日本の伝統や風習や文化、そして宗教観があるのは判っている。
それを残すのかが問題であり、思考や手法の問題となる。
歳暮・中元・年賀状など、無くなっても良いものは無くなればいい。
残すべきものをどう残すか、これが重要だ。
先祖を敬う場は減ってもいいけど、敬う気は無くなってはならない。
それは、宗教とか文化とかの小さな問題ではなく、人間上の問題だ。

親が居なきゃ自分は居ない、親の親が居なきゃ自分は居ない・・・・
先祖を敬う、自国の宗教観、自分の宗教観、、、、全ては一体だ。
部分的に熱狂的に深度を深め、一方はどうでもいい感を持っている人も多い。
そういう思考が普通になる時代だからこそ、この変化に合わせる必要があるのだろう。


・・・・・
Aそして、話題の間接的な活用・・・

上記、永江氏のブログから、マイナー競技アマチュアアスリートは、
アスリートの競技環境に非常に大切な事を読み取ってもらえましたでしょうか?
それは、最後の1文です。
「いかにお客さんが楽しめるイベントに変化させられるか」を考える事、というところ。

冠婚葬祭業界などに向けた、ビジネス視点でのヒントであり、
それ以外の全てのビジネスにも通ずる言葉なのであるが、
更には、アスリートにも大きなヒントになる言葉と言える。

これはアスリートにとって、2つの意味がある。
1つは、マイナー競技を普及させる為にはどうしたら良いか、という疑問に通ずる。
もう1つは、スポンサーを得るにはどうしたら良いか、という疑問にも通じている。

自競技を何としても普及させたい、と発言するアマ選手は非常に多い。
気持ちは判る。
しかし、そうした選手が、その競技の模範にもなれないような人格者なら、
応援する気にもなれないし、まだまだ普及すべきで無い、と考えざるを得ない機会に
遭遇する事も少なくない現実。
自競技のTOPレベルを自認する選手程に、その競技を背負う必要がある。
その背負い方が、甘いと言う以外に無い、と思う場面がぶっちゃけ多い。
そんな選手に言いたいのが、前述の言葉。
自分視点ではなく、観る人視点になれば、変革点はいくらでも発見できるはずと。

選手だけでなく、競技団体・連盟も同様。
金は天から降ってくるものではなく、
中継はテレビ局が決めるものではなく、コネが全てでは無い。
権力を含めた、トップダウン思考だけで変化は望めない時代になった。
ワンマン企業ならいいが、社団・財団なら、
事業収入を求めないと続かないものの、
そこには公益性や社会性が無くてはならないし、
単なる事業収入追求だけなら、鰍ノなればいい。
社会性とは、公益とは何かを考えるべき。
ここでも前述文章と同じ事が言える。
自分達視点で無く、選手視点やファン視点になればいい。
そこに変革のチャンスが落ちている。

・・・・・
@A共、批判・評論して終わり、にするつもりはない。
自分で何も産めない癖に、評論だけするアホにはなりたくないし(笑)

@=これは非常に重要な話だ。
   その重要性を認知しているつもりなので、形を変えてでも、
   過去の重要性を未来に繋ぐ手法をライフワークにする覚悟を
   10年以上前から決めており、
   「人がやらないのだから、自分がやる」という信条を形にしたい。
   残り人生10年程度か?
   あと3〜5年でスポーツを卒業して、残り人生をそれに投入したい。
   故に、この問題の解決の、One of themに過ぎないかもしれないが、
   将来、世に生み出す計画がある。
   よって、自分は、この件に関して、評論家では無い(笑)

A=本来なら、国の予算でスクールを作るべき。
   しかし、国もスポーツ機関も、この重要性に気付いていない。
   だから、民間でやるしかない。
   資本主義社会上で、社会貢献活動色の高い事に、
   鰍ニして全財産を投入できないので、
   これは小さくとも、少しずつ変革させる、という視点では既にスタートしている。
   アスリートには、
   競技自体の自分視点以外は、他人視点でものを見る癖を付けてもらいたい、
   と考えて、その根拠を伝えているつもり。
   理由が判ると、それに注力してくれる選手へと変化し、
   メンタル面も資金調達面も、谷底に落としてでも、
   結果的にTOP of TOPに達せさせる確率を向上させる。
   団体には、
   口で言っても判らないので、どこかで事例を作りたいと考えています。
posted by sports777 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。