■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2013年06月19日

協賛金額以上の損害賠償請求は有り得る

■ソース(J-CAST2013年06月19日)
http://www.j-cast.com/tv/2013/06/19177596.html
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130619-OYT1T00938.htm?from=ylist
■概略
田島優成「寝坊すっぽかし」で賠償請求!新国立劇場が所属事務所に130万円
4月21日公演の「効率学のススメ」が、俳優の田島優成が寝坊して
すっぽかしたため中止されたことについて、新国立劇場は元所属事務所に
130万円の賠償を請求した。
公演は午後1時からだったが、田島は夜と勘違いして現れず、自宅で寝続けていた。

劇場側はチケット代を払い戻すだけでなく、観客の交通費を負担する異例の対応をとった。
130万円は払い戻したチケット代や交通費などだという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(大手紙は氏名無しですが、J-CASTさんはしっかり明記してますね)

何故、この話題をピックアップしたのか?
それは、アスリートのスポンサーシップにも全く同じ事が言えるから。

自分の直下の案件で、アスリートが損害賠償対象になった事は無いが、
知人は、このようなケースを経験している。
あるイベントに出演予定のアスリートが、当日ドタキャンして大変な目に遭ったと・・・
クライアントには二度とビジネス発注をされなくなるだろうし、
イベント観客(有料イベントは特に)からは大きなブーイングを受けて、
調整会社(この事例ではキャスティング会社)の立場は無くなる。
ドタキャン・アスリートの責任は全て調整会社が被る事となる。
クライアントから損害賠償を請求されれば払うしかない。
そうなれば、次に調整会社がアスリートへ損害賠償請求する事となる・・・・

イベント出演(キャスティング)という単発単体だって、
スポンサーシップ契約という中長期契約の案件だって、全く同じ事。

例えば、アスリートがスポンサーシップで100万の協賛を受けた後、
何かしらの不祥事によって、スポンサー企業のブランドを損ねて、
1000万の損害賠償を請求される事は十分有り得る。

アスリートは、「契約」の重要性を十分認知しなければならない。
契約以前の「約束」と考えればいい。
御金が動く「約束」を破れば、それなりの御金の代償が必要になる。

スポンサーシップに当てはめて考えれば、
「約束」=「スポンサーメリット」という事。
10個のスポンサーメリットを契約しておいて、
1つでも不備があれば、それは約束違反であり、
損害賠償の請求対象となる。

資金難アスリートをサポートしたい、という思考から今のビジネスを行って、
多くのアスリートを見てきた、話してきた。
資金難なんだから、御金が必要なのは判る。
しかし、もらってしまえば、こっちのもん・・・と思考するアスリートが、
このスポーツ界に存在する事も十分、見てきた。
言語道断、
そういう選手は、個的に金を受ける資格は無いし、
スポーツ界全体で、そういう選手を叩く事も必要だ。
(一度でもそういう事が起これば、以後、他社はその選手に協賛すべきで無い。
 その為にも、そのような情報は公開すべきだ。)

このように、約束も守れない選手は、業界から出す・・・
そうでないと、スポーツ界全体が腐る=企業が離れ、スポンサーシップが衰退する。
これ、ビジネスなら当然の話。


アスリートは深く考えて欲しい。
御金を受けるという事はどういう事かと。
約束を守るとはどういう事かと。
約束を破った時は、それなりの落とし前をつける。



posted by sports777 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「スポンサー(金)」より「ファン(心)」?

■ソース
http://www.theworldmagazine.jp/blog/england/001078.html
■概略
巨額のスポンサー料より心意気! ファンの声で契約を取りやめた英国クラブ
現代サッカーは、とかく金がかかる。資金力がものを言う時代だが、
サポーターの声で巨額のスポンサー契約を捨て、心意気を見せたクラブもある。

ユニフォーム胸スポンサーは、クラブにとって生命線。
新たな胸スポンサーの到来は喜ばしいことだが、これを拒否したファンがいる。
かつて元日本代表MF中田英寿も所属した、ボルトンのサポーターである。

ボルトンは先月、新たな胸スポンサーとの契約を発表。
今後2年間ロゴを出すのは、消費者金融の「クイッククイッド」に決まった。

だが、この決定にファンは猛反発した。

給料を担保にした消費者金融(ペイデイ・ローン)は、高い金利が問題となっている。
そのような会社が、愛するクラブのユニフォームに名前を出すことを、ファンは拒絶した。

ファンは、「昨年には、36歳のボルトン生まれのある父親が、ペイデイ・ローンの会社に
悩まされて自殺した」などと、ペイデイ・ローン会社への反発を表明、
同意する署名は約4500人にも上った。

クラブはこの意思表示を受け、地元の政治家などとも協議。
その結果、クイッククイッド社と契約を結ばないことを決定した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほど、ですね。
ケースバイケースだろうけど。



posted by sports777 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

桜井選手、良かったね。

■ソース(印刷タイムス2013年5月31日)
http://www.monz.co.jp/news/2013/05/31/7140
■概要
大阪シーリング印刷(松口正社長)では、社会貢献活動の一環として
オリンピック出場を目指すアスリートの育成を支援。

これまでに、フィールドホッケーでオリンピックを目指す選手を入社させるなどしてきたが、
今年に入ってから2104年にロシアのソチで開催される冬季オリンピックにおいて
ショートトラックスピードスケートで出場を目指す桜井雄馬選手と支援企業の契約を結んだ。

桜井雄馬選手は、小学校3年生からスピードスケート・ショートトラックを始め、
これまでにユニバーシア―ド大会・全日本大会で入賞を果たすなどの実績を持つ。

現在は2014年に開催される冬季オリンピック(ロシア・ソチ)に向けた強化合宿に
参加するために休学を決意し、妹の桜井美馬選手と兄妹揃ってのオリンピック出場を目指す。

妹の桜井美馬選手は2010年にカナダで開催されたバンクーバーオリンピックに出場して活躍し、
名古屋の証券会社に就職が決まったが、桜井雄馬選手は残念ながらあと一歩のところで、
前回のバンクーバーオリンピックに出場することができなかった。

今回は、松口社長が知人を介し桜井選手を知り、大阪シーリング印刷で支援企業の1社として
桜井雄馬選手と支援企業の契約を結ぶこととなった。

その契約の模様が6月1日(土)午前7時30分〜8時までNHK名古屋放送局
「ウィークエンド中部」で紹介される(愛知・岐阜・静岡・福井・石川・富山・三重の7県で放映予定)。

桜井雄馬選手は自身のブログにおいて「競技で結果を出し、オリンピックに出場することで
支援先の企業名を広くPRできると思います。支援していただける企業の宣伝活動に
全面協力したいです」と語っている。

2013年にオリンピック選考会が2回(9月6〜8日、12月13〜15日)行われ、2回の大会の
得点の合算で順位を決め、オリンピック代表が決まる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桜井選手、良かったね。
http://www.athleteyell.jp/sakurai_yuma/
桜井君と出会ったのはまだ最近(アスリートエールの説明会)。

妹がJOCアスナビで就職先(所属先)が決まり、競技資金が安定する中、
素質が有りながらも、兄が競技資金で苦戦する状況の中、
やはり、上記スポンサー獲得に繋がったのは、桜井君の「危機意識」だ。

確かに、最初はスポンサーメリットをどうしたらいいでしょうか、と不安があったよね。
ただ、話せば話す程に吸収が早いし、
即実行に移すから、こちらが驚いてしまう。
えっ、あの話、もう決まったんかい?と。
取り巻く競技環境や妹の動向から、強く危機意識を持って臨んだ結果だと思います。

ただ強いだけじゃない、律儀で社会性も高い。
寄付金を受ける事と協賛金を受ける事の違いも理解している、
スポンサー企業に対するリターン作りこそ重要というプロ意識も備わっている。
2社目、3社目は時間の問題であろう。

ソチで名を上げろ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪シーリング印刷さんのような、マイナー競技に理解ある企業さんが
今後も増える事を望みます。

posted by sports777 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資金難と危機意識の関係

■ソース(J SPORTS 2013年06月04日)
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2013060318154212.html
■概略
ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:スポンサーのお得感
毎月発行のフランスのロードレース雑誌『ヴェロ』は、かつてこんな試算を出した。

−1978年、プロチームの選手一人当たり1年間雇用の平均コスト=192,000フラン(約¥2020万)。
 −同年、国営放送テレビCM単価は、平日20時の場合、30秒=110,000フラン(約¥1157万)。

単純に考えると、1年間の一人当たり人件費は、1分のテレビCMよりお安い。

さらに、選手たちはジャージにスポンサーロゴを背負って走るので、走行自体が宣伝になる。
中には年間ひとりで200日近いレースをこなす選手もいる。

レースの中でもとりわけツール・ド・フランスは、最大の広告空間。
なにより視聴者、沿道のファンも含め、人の数が違う。メディア数が違う。放映は世界規模だ。

となれば、次の現象も大いに納得がいく。

−2008年、チームCSCのサブスポンサーとしてサクソバンクがジョインしたのは、6月だった。
−2012年、チームガーミンのサブスポンサーにシャープがついたのも、やはり6月。

駆け込みで、7月開催のツールに間に合わせ、ジャージにロゴをのせることを狙ったのだ。
反対に、ツール終了後のスポンサー入りは、費用対効果がガクっと落ちることになる。
年間予算10億円以下のUCIプロチームもあるが、有力選手の争奪戦や、
スタッフの専門細分化、機材の革新化などもあり、チーム予算規模は増大傾向。
年間総予算額25億円強と言われるチームスカイは、
2012年にブラッドレー・ウィギンスがツール優勝、ロンドンオリンピック・タイムトライアル種目で金メダルを獲得。
投資額に報いるリザルトを出した。

とはいえ、むろん、サクセスストーリーばかりではない。
ツールで目いっぱい広告効果を発揮したにも関わらず、思わぬ誤算が生じることも、やはりある。
好例が、2013年いっぱいでスポンサーを降りることになったヴァカンソレイユ。
2011年、負傷した選手がテレビで何度も大写しになりジャージのロゴは世界中を駆け巡った。

おかげで旅行業を営むスポンサーの知名度は急上昇。
しかし、ターゲットのひとつだったドイツでの市場拡大には至らなかった。
過去の英雄のスキャンダル以来、同国ではジャーナリストの間でロードレースへの拒否感が漂っているせいだ。

このように、認知度が広がっても市場の好転に直結するとは限らない。
さらに所属する選手の成績低迷やスキャンダルという、予測不能の要素もつきまとう。
特定のチームに特化することを諦め、ツールなどのレーススポンサーとなる道を選ぶ企業もある。
例えば、フェスティナのように。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

認知(広告露出効果)が広がっても、市場好転(企業の業績向上)と限らない。
逆に言えば、
マイナー競技アマ選手は、
TV露出が無くても、市場好転(業績向上)に寄与できる、とも言える。

無論、スポンサーメリットをどう組み立てるかが勝負であり、
それを企業スポンサー候補社に納得して頂かないといけないのだが、
アスリートは、中々、このスポンサーメリットを組み立てる事ができない。
監督もコーチも、範疇外なので判らないから、選手に指導できない。
自分の価値を現金化できなければ、現金(協賛金)を得る事はできない。

だからこそ、そこを感覚的に持つ選手や、学習した選手がスポンサーを取りやすい現実。

よって、そのような選手以外でも、できるだけスポンサー獲得率を上げる為に、
個別コンサルやセミナーをやっていますので、
どんどん、選手には相談に来てほしい。
(今まで、依頼された相談を断った事は無い・・・待ち合わせに来なかった1名以外、100%会っている)

危機意識が高い選手程に、吸収が早く、実行も早いので、
良い結果を報告してくれる確率が高い。

posted by sports777 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。