■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2012年01月18日

麗水博覧会・日本館サポーター

http://www.meti.go.jp/policy/exhibition/yeosu2012.html
http://jpn.expo2012.kr/main.html
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/01/20120119t13015.htm
2012年5月12日〜8月12日まで、韓国EXPO・麗水(ヨス)博覧会が開催され、
日本館サポーター任命式に行ってきました。
SMAP草g剛君・さかなクン等、計8名のサポーターの中に、
唯一、アスリートから、フリーダイバー平井美鈴が選出されて、
経済産業省・枝野大臣から任命状を受けました。

経産省 051ss.jpg

ヨス博のコンセプトが、海との関わり(海洋保護含む)であり、
とかく外側から海と関わる方が多い中で、
内側(海中)から海を知る者(アスリート)として、
海の偉大さは勿論、
EXPOや日本館のPRを行う任務を頂きました。

経産省 028ss.jpg
結構、メディアが来ていましたが、
草g君がいるからねえ、、、、
草g君はマスメディアを率いたマスマーケティングでPR貢献すればいい。
平井美鈴は、競技人口たった100人のマイナー競技・フリーダイバーだが、
草g君にはできないPRができる。

それはバズマーケティングであり、主婦ターゲットであり、
NPO界やマリン界への訴求であり、
リーチが小さくとも、深度を追求すればいい。

そのような訳で、今後、日本館VIロゴをフィンやウェットで露出したり、
パンフ配布や講演時にメッセージを打ち出したり、
PRイベントもあるのかな。

海と言えば、とかく東日本大震災の津波が連想される現在ですが、
海は友達、海は父、海は母、、、、という原点を考え、
サスティナビリティな共生を考えなくてはならないはず。
(行方不明者がいる限り、終わらないし、放射能問題は長期に渡るし。
 ただ、復興は復興でスピード上げる段階に来ているはず。
 単に、復興という言葉が先行するのは反対だが。)


自分もサラリーマン時代、アチコチのEXPOに絡んできたが、
税金が使われるのであれば、その意義や効果を追求しなければならない。
作って終わりじゃないし、無事終わればいいってもんじゃないし。
いかに意義・価値・効果をリーチできるか、
民間の利益追求と同等の追求力で、
1人でも多く対象者を広げるのが御国のミッション。
アスリートという職業者が、折角、そのような御国の仕事に関われるのだから、
平井さん、PRに努めないとね。
スピーチ、完璧でした。
経産省の方々、皆、うなづいてくれていましたし(笑)


経産省 035ss.jpg
さかなクン、本当にキャラじゃなく、素(地)なんですね、面白い。
報道陣を笑わせる事ができるなんて、
プロ芸人を超えています(笑)
草g君も困っていた(?)

草g君は、皆と一緒の写真を沢山撮りましたが、出せません(笑)
この方も、さかなクン同様、本当に「いい人」と感じます。
さすがスピーチもうまい。
タレントだから当然だけど、場の読みも対応も凄い。
平井さん、草g君と結構長い時間、話ができたので良かったね。
さかなクンとも、海&魚話が深くできたし。

という訳で、御隣の韓国、
ヨス市で開催されているヨス万博、近いので行ってみて下さい。
勿論、我々も行きたい。


環境保護というと、とにかく陸エコばかりが先行していて、
海エコには注目が集まりにくい。
海の中、川の中は見えないので、「水に流す」という言葉通り、
不要な物は海へ川へ、という思考・行動が今もあるからねえ。
海の中は、陸よりヤバイ。
水温1度上昇で、とんでもない世界になるし、
それは陸に影響するし、
海エコは、待った無しの状況だ。

エコという言葉が一般浸透し、thinkの時代は終了し、
actionの時代に入っている。
海系アスリートは、海でactionすればいい。
海を使わせてもらっているのだから、海を意識・保全するのは当然だ。
どうしても津波が先行してしまうが、地球全体を考えて、
地殻変動という生き物とどう生きるか、
マクロな視点が必要になってくる。
経済社会をやってる場合じゃないのかもしれない。

だから、このタイミングで、
海テーマのEXPOに税金投入する意義があると思います。
そして、決定事項でモノ(建物・ハード&コンテンツ・ソフト)ができるので、
そのモノを擦り切れるまで利用するべき。
日本館は、大きな津波を経験した日本ならではのメッセージを発するはず。

この手のものは100%賛成はあり得ないから、反対意見もある事でしょう。
しかしながら、キチンと意義を追求すれば、
価値有りと評価シフトされる可能性があるのではないだろうか。

行ってみるべし。
御隣なので、そんなに高額じゃないし、気軽に行けるのでは。
http://jpn.expo2012.kr/main.html

(本場・韓国料理食べたいし。氷マッコリ呑みたいし。)



posted by sports777 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!